プリ小説

第23話

インフル

『ゴホゴホッ……』

涼「どーした?」

『ちょ、風邪引いちゃって』

瑞稀「バカは風邪引かねぇのにな!www」

『お前、前の定期テスト副教科も合わせて何点だった?900点満点』

瑞稀「800くらい?」

『ふんwww』

優斗「何点なの?」

『900点』

涼「さすが学年1位」

瑞稀「……」

蒼弥「みずっくんがガチで落ち込んだ」

龍斗「でも気おつけてよ?最近インフル流行ってるんだから」

涼「そうだよ。俺らの学校だって流行ってんだから」

蒼弥「クラスでも流行ってる?」

瑞稀「バリバリ流行ってるよな?」

『今日も5人くらい脱落してるゴホ』

優斗「嫌な予感……」

龍斗「ガリさん体温計www」

蒼弥「ほい」

『ねぇ!平気だから!』

優斗「はい。計る」

『平気なのに』

30秒後

優斗「どれどれ……?ぶふぉ!」

瑞稀「汚ぇよ!www」

涼「何度?」

優斗「37.5℃」

『その体温計壊れてんだよ!!』

蒼弥「壊れてない!」

涼「はい。病院送り〜」

『ヤダヤダヤダヤダヤダ……』

優斗「こんなに嫌がるあなた初めて見た……」

龍斗「風磨くんに頼んで送ってもらお?」

『無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理無理…………』

瑞稀「風磨くんにLINEするね」

『やめでぇぇぇーーーーー!!!!!』
帝王
帝王
風磨くん今平気ですか?
Fuma
Fuma
平気だよ?どーした?
帝王
帝王
あなたが37.5の熱があってもしかしたらインフルなのかもしれないので病院連れってて貰えませんか?
Fuma
Fuma
いいよ〜今行くわ。楽屋?
帝王
帝王
そうです
Fuma
Fuma
おけ〜

瑞稀「来てくれるって」

『きらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらいきらい……』

涼「嫌いって鼻綿棒のことだろwww」

『……』

蒼弥「一瞬で終わるやんwww」

風磨「やっほ〜」

『ぎゃぁぁ!!!』

風磨「悪魔が来たみたいに叫ぶなよ」

瑞稀「ほら熱あるんだから行ってこい〜」

『確かに頭痛いけど……』

風磨「インフルやん」

『行く……』

みんな「行ってら〜」

病院

看護師「湊崎さーん湊崎あなたさーん」

『……』

風磨「頑張れ」

『うん……』

医師「熱があるという事でインフルの検査しましょうね」

『……はい』

医師「じっとしててください」

『……ッ』

医師「じゃ調べて見るのでまた呼ぶので外で待っててください」

『はい……』

風磨「おぉ戻ってきた大丈夫?」

『……ッギュッ』

風磨「そんなにいやか?wwwポンポン」

『痛かった……』

風磨「高3なんだから出来るようになれよwww」

看護師「湊崎さん結果が出たのでどうぞ」

風磨「次は俺も行ってやっから」

『……コク』

医師「結果ですがインフルエンザA型ですね」

風磨「そうですか」

『……舞台……』

風磨「家で大人しくしてろ」

医師「薬出しときますね」

家に帰る

風磨「俺からみんなに言っとくから。」

『うん……あ、聡に絶対来ないでねって言っといて。あの人絶対来るから』

風磨「はいはい笑なんかあったら連絡しろよ?」

『そーいえばちびっ子どうしよ。お姉ちゃん海外で撮影してるからそれこそ1週間居ないしお兄ちゃんもキンプリIsland出てるから帰り遅いし…』

風磨「琉斗は平気だろ。後は爽我も大丈夫。羅依は俺預かるわ」

『ごめんッありがとう』

風磨「病人は黙って甘えとけ、じゃ羅依帰ってきたら連絡して」

『わかった』

風磨「じゃあな」

『うん』


楽屋に戻る

瑞稀「あ、風磨くん!どうでした?」

風磨「見事にインフル」

涼「マジか」

風磨「アイツまっしまにだけしか言ってなかったけど絶対家来ないでねって言ってたから笑」

優斗「分かりましたwww」

風磨「じゃ俺仕事戻るから」

みんな「ありがとうございました!」

聡「風磨くん!あなたからLINEの返事来ない!!」

風磨「あぁ……アイツ今死んでるよ」

聡「へ?!」

風磨「インフルでね」

聡「え、バカは風邪引かないのにインフルになったの?」

風磨「おいwww絶対来ないでねって言ってたから」

聡「えぇ〜…」

健人「聡気おつけた方がいいんじゃね?」

聡「なんで?」

勝利「だって一緒に帰ってたしょ?だからもしかしたら菌持ってるかもよ」

聡「え、やだ」

マリ「聡ちゃんなったら次僕達じゃん!」

風磨「は?!まっしまふざけんなよ!www」

聡「ふざけてない!www」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

koyuki🥀🌹
koyuki🥀🌹
不定期更新 憧れの人あまのじゃくさん🍌💖
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る