プリ小説

第12話

姫野家の忘れたい過去

瑞稀「あなたちょっといい?」

『うん?』

聞かれるのかな…あの事。

私は人っけのない部屋に連れてかれた

涼「俺らに隠してるの事ない?」

『……ないよ笑』

瑞稀「無理に笑うなよ」

『無理になんか…』

涼「そのアザなに?」

『……中学の時にバスケでぶつけた……』

涼「バスケで首にアザなんか出来ないよ。お父さんにやられたんだろ?」

『違う……』

瑞稀「お前いつまで俺らに隠すつもりなの」

涼「瑞稀……」

瑞稀「何そんなに頼りないか?そうだよな。お前が何かあった時いっつも1人で何とかしようとするもんな」

涼「瑞稀それは違うって」

瑞稀「何がだよ。」

『み…わ……』

涼「ん?」

『瑞稀にはわかんないよ!!』

瑞稀「あなた……」

『中学の時どんだけ酷い虐待受けたか!瑞稀にはわかるの?!どんだけ辛かったか!助けて欲しくても助けてくれないじゃん!!何も知らないくせに!避けな事言わないでよ……』

涼「あなた……」

『これでいい?もう言いたいことは言った!……頼りたくても頼れないんだよ……ッ』

瑞稀「……ッ」

涼「それは違う…」

涼「頼れなかったじゃなくて頼らなかったんだろ?お願いだから頼れよ…頼ってくれよ!俺ら仲間だろ?」

『……グス』

瑞稀「俺らはどんな時でもあなたの味方だよ?だから嫌なことがあったら俺らにぶつけて欲しい。それを俺らは受け止める。約束する。」

『……ッグス』

涼「泣くな。」

瑞稀「おいで?あなた」

『みずっ……』
ギュっ

瑞稀「よく頑張ったね。」

涼「後輩でも話だって聞くことは出来るから。同い年なんだし」

『うん……!』










2人は他のメンバーに言ってくれた。3人は気づいてあげれなくてごめんねと言ってくれた
もう1人じゃない。これからはちゃんと頼るようにしよう。そう決めた。
きっとあの人は私のところになんかもう来ない。姉兄6人で楽しく暮らせると思って居た矢先にあんなことが起こるなんて……

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

koyuki🥀🌹
koyuki🥀🌹
不定期更新 憧れの人あまのじゃくさん🍌💖
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る