プリ小説

第20話

リペ魂
今日はリペ魂の発売日!!!!!!予約して実は昨日届いてました!私の大好きな聡を見るためにね!ん?健人と風磨はって?そんなの知りませーん!てことでレッスン室で鑑賞しまーす!私なんだかんだセクゾ大好きなの♥←きもッby瑞稀←うるさい

『うわぁぁぁ……OP最高かよ…』

涼「オタクするな」

『違うから。妹が買って?って言うから買ってあげたの!』

涼「じゃあなんで羅依ちゃんの持ってきてるの?笑」

『……知りません』

龍斗「健人くんと風磨くんが大好きだから」

『……』

瑞稀「図星……笑」

風磨「なんか呼ばれた気がした菊池でーす」

『は?!やばい……』DVDをディスクから抜いて隠す

優斗「なんで隠すんだよ笑」

『買うなんて行ってないから』

風磨「お前なんか隠しただろ笑」

『気のせい。ね!?』

瑞稀「実は……『井上……』」

瑞稀「なんでもないです……」

聡「あ、あなた居る〜!」

『逃げれる!聡助けてー!』

風磨「捕まえた」

『なっ?!』

聡「俺、帰るねぇwww」

『ねぇえ?!』

聡「ふはッwww」

風磨「何隠した?」

『なんでもない!』

風磨「まっしま、コイツのバックからなんかないか確認しろ〜」

『ねぇ!やだ!!!』

聡「分かった〜ガサゴソ……あった!!」

風磨「なんだ?!」

聡「リペ魂!!」

『……』

風磨「何、買ってくれたの?」

『妹がどぉしても!欲しいって言うから……』

健人「なんで羅依のを持ってんだよwww」

聡「羅依のじゃないんでしょ?wwwあなたのなんでしょ?笑」

蒼弥「みなさんあなたの妹の事呼び捨てでいいんですか?」

勝利「俺ら何回か家行っててたまにあなたの家に誰も居ない時に一緒に遊んでやってんの」

『羅依も勝利たちじゃないとヤダってうるさいの。』

瑞稀「俺も行きたい……ボソ」

『でも、今確か神宮寺が家に居ると思う』

健人「神宮寺が?!なんで!」

『羅依キンプリの中でじんが1番好きなの』

優斗「HiHiの中だったら?!」

『誰だっけ………あ、瑞稀。』

瑞稀「マジ?!」

涼「あんなに興奮してる瑞稀久しぶりに見たwww」

『で、セクゾだとやっぱりと思う風磨』

風磨「羅依が産まれた時から知ってるからな」

涼「じゃセクゾのみなさんはあなたのお母さんのことって」

『言ってないもん、知るはずないって笑』

マリ「知ってるよ〜」

『なんで?!』

健人「翔我から相談のってた」

『あの、クソ兄貴……』

龍斗「口悪いwww」

『もう、DVDの事バレたから風磨焼肉HiHi全員とセクゾ全員に奢って!』

風磨「はぁ?!なんで俺だよ!ここは最年長の中島だろ!」

『あぁそっか』

健人「なんで?!」

菊姫「中島くんゴチになります!」

涼「やった!」

優斗「健人くんありがとうございます!」

勝利「健人くん流石だね」

マリ「健人くん優し〜」

健人「俺の1万円……」

この後しっかり奢って貰いました!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

koyuki🥀🌹
koyuki🥀🌹
不定期更新 憧れの人あまのじゃくさん🍌💖
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る