プリ小説

第32話

転校生

先生「じゃHR始めるぞー。今日は転校生が来てる。入れ」

涼「転校生だって」

瑞稀「興味なっ」

『それな。』

涼「俺も」

斗真「南々瀬斗真です。みんなよろしくね?ニコッ」

女子「え?!イケメン!」

南々瀬斗真?どっかで……

『え??!!』

瑞稀「どーした?」

女子「知り合い?」

『いや……何でもなーぃ……』

斗真「あなたちゃんとは婚約してるんだ!」

はしみず「婚約?!」

斗真「君たちが橋本涼くんと井上瑞稀くんか。よろしく」

『辛っ……』

男子「でもあなたってセクゾの松島聡くんと付き合ってなかった?別れた?」

『それは絶対ない!!!!!』

男子「う、うん。なんかごめん」

『……保健室。』

涼「あなた!」

瑞稀「婚約者ってどゆうことだよ。」

斗真「お父様の紹介だよ。」

涼「あなたの?」

斗真「変な奴らがつかないようにずっとあなたと行動しろって」

涼「俺らが守ってるから。アイツ彼氏居るから頼まれてんだよ」

女子「珍しく涼がイケメンに見えるよ笑」

瑞稀「珍しく……www」

涼「珍しくは余計だろー!笑」

斗真「けどこれはお父様の命令だ。お前らには頼んでない。」

『……まだ居たの?』

瑞稀「あなた……」

『瑞稀、涼次移動教室だよ?早く行こ〜』

斗真「僕が一緒に行くよ。」

『あのさぁ私タメ口OKしてないし名前呼びもOKしてない。』

斗真「じゃ敬語とさん付けで呼びますね?ニコッ」

『チッ』

女子「あなた可哀想だね…」
女子「あの人イケメンだけど中身ブスじゃね?」

男子「なんかいつも橋本と井上隣に居たから違和感しかねぇ」

瑞稀「だよなー!」

涼「アイツなんかあるな……」

斗真「荷物持ちますよ」

『だから私涼と瑞稀と行くんだけど』

斗真「では僕も一緒に行きます。」

『はぁ…』

涼「あいだ入れ」

男子「やっぱりこの3人だよな〜」

『知ってた笑』

斗真「チッ」





















瑞稀「はしもっちゃん、あなた帰ろ〜」

『いちごパフェ!』

涼「あれ?聡じゃない?」

『ほんとだ、!』

瑞稀「いちごパフェどうする?」

『聡も一緒に行くかな?』

涼「まぁ早く下行こ。アイツが来る前に」

『マジで鬱陶しいわ……』




『聡!!』

聡「おかえり〜」

『あのさ、これからいちごパフェ食べに行くんだけど聡も行かない?』

聡「3人でじゃなくていいの?」

3人「4人で行こ?!」

聡「なんかあった?笑」

瑞稀「とにかく早く行こ〜!」

聡「そういえばなんか見たことない子に話しかけられたな、あなた知り合い?」

涼「そんな人俺ら知らないよな!」

『全然知らない!1年生じゃないのぉ?www』

瑞稀「そうだよ!ほら!早く行こ!」

聡「あ、さっきの子だ」

3人「ぎゃぁぁぁー!!!!」

聡「なに?!」

3人「走って!!!!」

聡「なんで?!」

3人「いいから!!GO!!!!!」

聡「はぃぃ!!!」

斗真「あなたさん!!」

『マジ本気出すから…』

聡「早!!!」

涼「50m6秒だからね……ハァハァ……」

聡「ねぇどうしたの?」

『驚かないでね!?』

聡「早く言って」

『私の婚約者』

聡「……へぇ?!」

聡「何?!結婚すんの!?ジャニーズやめんの?!」

『え、やめないし結婚しないし、なんなら結婚する人決まってるし』

聡「え?!誰!」

涼「鈍感……?」

瑞稀「ネジ取れてるな……」

『とにかくやばいの!』

聡「わかった。なんかあったら言えよ?」

『うん!』

聡「よし!じゃパフェ食べるか!」

『聡の奢り!』

瑞稀「やった!」

聡「しょうがないな笑」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

koyuki🥀🌹
koyuki🥀🌹
不定期更新 憧れの人あまのじゃくさん🍌💖
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る