プリ小説

第43話

ドッキリ


それではやって行くで笑


『おはよー』


涼「おはよ」


優斗「ねみぃー」


蒼弥「暑いし」


龍斗「あなた後で買い物行こー」


『あ、うん』


瑞稀「どうした?」


『いや。』


蒼弥「言って?」


『私ジャニーズ辞めるから』


優斗「は?」


龍斗「何言ってんの?」


『女優だけでやってくから』


瑞稀「さっきからなんの冗談?」


『冗談じゃないけど』


涼「理由は?」


『別にない』


優斗「あるだろ」


『ないって』


蒼弥「いいから言えよ」


『……あんたらが嫌いになった』


蒼弥「は?」


『それだけ』


涼「それ本気……?」


『逆にこの顔見て嘘だって思う?』


龍斗「……」


蒼弥「お前それふざけてんの?」


『別に?ふざけてるなんかないけど』


蒼弥「今までずっと俺らの事おもちゃとして振り回してたのかよ!」


『だったら何?』


瑞稀「俺らあなたになんかした?嫌なところあったら直すから……」




ギャァァァ!!!!!!!!瑞稀の半泣きレア過ぎる、!可愛い……


蒼弥「(あなた……瑞稀くんのこと可愛いって思ってる場合じゃない……笑)」


蒼弥「瑞稀くんだってこうやって言ってんだからさ。考え直せよ」


『無理』


蒼弥「お前マジでふざけんなよ!!!!!」


涼「ガリさん!!」


蒼弥「何が嫌いだよ!!昨日まであんなに楽しそうだったのに
急に嫌い?冗談も程々にしろよ!!!!」


『うるせぇな、、、!うちの人生うちが決めて何が悪いん?!』


蒼弥「決めんのは別に勝手にしろよ!!けど一言くらい言ってからきめろよ!!」


龍斗「ガリさん……」


優斗「ガリさんもういいよ」


蒼弥「何がいいだよ!!お前らはあなたが辞めていいのかよ!!」


涼「俺らのこと嫌いなら……別にいいよ」



嫌いじゃないからね?!!


蒼弥「はぁ……」


そろそろかな?


蒼弥「1発殴らせろよ」

『は?』


蒼弥「殴らねぇと気がすまねぇよ」


『勝手にすれば?』


瑞稀「ガリさんやめろよ!」


蒼弥「……ッ!殴ろうとする


『テッテレーー!!!』


涼「へ?」


蒼弥「ドッキリ」


瑞稀「……ッ」


『瑞稀ー!!!!!ごめんって!嫌いじゃないから!大好きだから!』


龍斗「サラッと嬉しいことを」


瑞稀「よかった……ッ」


『ドッキリ大成功です!』


蒼弥「HiHiJetsでした!」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

koyuki🥀🌹
koyuki🥀🌹
不定期更新 憧れの人あまのじゃくさん🍌💖
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る