無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第25話

25
クプス
はーい、緊急会議はじめまーす


せぶち:ねー



クプス
今日はあなたの変装を学校でバラすかどうかについて
ディノ
おおー
ひょん、俺はその方がいいと思いますよ
全然学校来てないからって変に思われるのはあなただし
スニョン
たしかになー
でもアイドル学校にいるって分かったらみんなすごいことになるんじゃねーかな
ハンソル
俺はディノに賛成かな
できれば秘密はつくらないほうがあなたも楽だと思う
クプス
そうだな、あなたはアイドルってこと学校の人に言ってもいいと思う?
you
私は別に良いかなーって思うよ、
しゃべりかけられて嘘のこと振りまくよりは罪悪感もないしね
クプス
じゃあ、みんなに言うっていう方向でOK?
you
うん!
ミンギュ
ねね、ひょん、せっかくバラすならなんかみんな沸かせてやりません?
クプス
おお!いいなそれ!
ジュン
あなた、もうすぐ文化祭あったよな?
you
うん、あったと思うけど

たぶん2週間後くらい?
ジュン
そこの開会式でおどるとか?
you
え!私1人で踊るとかさみしすぎん?
ウォヌ
俺らも行くわパボか
you
ええええええええええええ!
まじ!
ほんと!
やった!
おっぱと踊れるの!
てか、おっぱと学校行けるの!?
嬉しすぎん!
やた!やた!


みんな:きよーね



ジョンハン
可愛いエギがアイドルってみんなに言うのにおっぱたちが黙って家で待ってられますかーって
you
もうはにおっぱだいすき

みんなすき!

だいすき!

あいしてるよ!

ありがとう!

ねえ、すき!


みんな:かわいすぎるやろ







あなたちゃんかわいすぎてぴよも禿げそう