無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

28
あなたちゃんは朝は誰かしらに車で送ってもらってます



おっぱたちはできれば人の少ない時間に学校の近くまで送りたいからあなたちゃんはいつも朝1番に学校につきます











朝礼始まる1時間半前くらい目安にきてる(スケジュールあったり練習あった日は遅刻ギリギリだけどね)








あなたちゃんは学校にいる時間さえもSEVENTEENのために尽くしたいんです、、



なんていいこなの、、









だからあなたちゃんはいっつも超高級イヤホンつけて(クプスおっぱのソンムル)


ケータイとアイデアメモとにらめっこ


ケータイはウジおっぱとカカオってる((カカオってるとは














大概はみんなが来る前にアイデアノートとか片づけてるんだけど今日は新曲づくりに没頭しすぎてあなたちゃん全然気づかなかったみたい、、






































俊也くんが教室に入ってきたことに