無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

11
学校生活もまた1週間が過ぎた。










その日は前触れもなくいきなりやってきた。








もうすぐチャイムが鳴るっていう時、見慣れない女子がちょっと緊張しながら教室に入ってくるのが見えて。




その女子は座席表を見た後、俺の隣の席に座った。







いきなり声掛けたら変かな、とか思ったけど、声をかけずにはいられなかった。