無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2

私はSEVENTEENのたった一人のヨジャメンバー.



私は赤ちゃんの頃からSEVENTEENのおっぱたちに育ててもらってる




物心がついたときにはもうおっぱたちと出会った時のことはおぼえていないけど、




でも大切に愛情をこめて育ててきてもらったんだ





わたしは韓国の小学校に通っていたけれど、祖父母の希望で登校日数は少なくてもいいから日本の学校にも通ってほしいといわれて中学校からは日本の中学校に通うことになった.

たぶん、出席日数は内申がとれるぎりぎりのところになるけど、日本の学校に通うのは悪くないとおもってる.





「ヤー、なんで遠いところの学校にいくんだよぉ」

「あなたー、おまえが日本に行くたびになかなきゃいけないじゃないかよぉ」

「日本の学校で変な虫がついてきたらどうするんだよぉ」




わたしの周りにいる13人の方たちは反対みたいですが.







なんでわたしがSEVENTEENにあかちゃんのころから育ててもらっているのかはもう少し先のお話で.