無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

6
今日は1日目。









昨日の不安はどこへ、



今までにいないくらいの人数の友達ができた











やっぱりあの子、来てないな.










どうしたんだろ.






俺が気にしても意味ないのだろうけど.