無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3
あなた

・・・ぇ。

ジミン
ジミン
別れよ?
ジミン
ジミン
たぶん・・・これからお互いお荷物になる。
あなた

そっ・・・そんなことない!

あなた

・・・そんなの・・・イヤだよ・・・。

ジミン
ジミン
あなた・・・顔あげて?
顔を持ち上げる🐥
あなた

・・・ふぇ?

ジミン
ジミン
俺はアイドル。
あなたはCAさん。
ジミン
ジミン
・・・俺も嫌だけど・・・無理なんだ。
両方の夢は叶えらんない。
・・・あなたなら・・・分かる?
あなた

ぅん・・・でも!

ジミン
ジミン
・・・でも!は・・・なし。
あなたのためにも
俺のためにも。
あなた

・・・分かった。

あなた

私・・・ジミナのこと・・・
ずっっっっっと!・・・応援してるからね?
・・・誰よりも。

ジミン
ジミン
ありがと。
・・・괜찮아・・・!
あなた

ぅん!

こうして私達はこの日から・・・別々の道を歩き出した。
ジミナは・・・練習が忙しくなって・・・来年のデビューが決まった。
私は・・・大学受験の勉強が忙しくなった。