無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第 16 話
1,586
2022/04/04 03:12


黒川イザナ
……コイツらと知り合い?
あなた
いや、知らない。


バツの悪そうな顔をしてるイザナに

「なんでだよ」とでも言いたげな顔をする男2人



黒川イザナ
だとよ?ガキは帰れ。
???
ガキじゃね〜し。てかなんで
イザナくんといんだよ


イザナくん?面識があったのはイザナの方か




それなら私の知り合いじゃなくてイザナの
知り合いじゃん。






黒川イザナ
見て分かんねぇの?
俺ら今"デート"中なんだよ



デートというワードを強調させる意味は分からないが



これ以上面倒事に巻き込まれるのはゴメンだ。


早くどっか行けよ。
なんて思いながら目線を窓に向けていると




???
あ"ぁ"〜!!なんだよ、お前ら!
女の子もいんなら先に言えよな!!
黒川イザナ
ゲッ…うるせぇやつ来た




喫茶店なら静かで穏やかに過ごせると思ってたのに

そんな雰囲気は一切無く、ガヤガヤと騒がしくなる







???
あ!イザナくんじゃ〜ん!
なになに?!デート?!!
黒川イザナ
そうだよ。
だからバカトリオはあっち行け
???
バカじゃねぇ!!!場地トリオだ!





場地…トリオってなんだよ……




黒川イザナ
場地、松野。
そのうるせぇ虎をあっち連れてけ


多分最初に話しかけた2人組が場地と松野なのだろう



そして、虎はこのバナナ頭のやつ


羽宮一虎
えっ!待って待って!君名前なに?!
めちゃくちゃ俺のタイプ〜!!
あ、俺は羽宮一虎な!一虎でいいよ♡


あ、虎じゃなくて、一虎ね。


てっきり、虎かと思ってた

場地圭介
俺は場地圭介だ
松野千冬
一虎くんの言う事は気にしなくて
いいっスよ。
俺は松野千冬な!




次から次へと自己紹介されるが覚えられる気しないし

元から覚える気も全くない。






てか、不良のクセに自分から名乗るなんて律儀な奴ら






黒川イザナ
自己紹介終わったんならさっさと帰れ


そして仏頂面を見せながらイザナは言う。


いかにも、不機嫌そうな顔。

頼むからどっか行ってくれ




生憎、私には機嫌取りなんて面倒臭い事出来やしない






羽宮一虎
あ、そうだ!アイツらも呼ぼうぜ!
場地圭介
それいいな!
黒川イザナ
絶対やめろ




なんだか、イザナがお兄さんに見えてきたなぁ







そんな事を考えているとテーブル席の周りを不良が

囲んでいるせいで定員さんが後ろの方で困っていた






あなた
ちょっとアンタら邪魔。退いて



そう言って一虎と千冬の間に割って入る






あなた
お姉さん。どうぞ



通りやすくなった定員さんはお礼を言って

頼んでいた品をテーブルに置く。







あなた
もう少し周りを見な



場地トリオ
は、はい






私の威圧感に一瞬身を小さくしていたが

すぐに「かっけぇな!」なんて騒ぎだした



学ばない馬鹿にも程がある














15分程度(一方的に)会話をし入り浸っていたが


誰かから電話が来て場地トリオは帰って行った。












そして、目の前に居るコイツはどうやら不機嫌な様で




黒川イザナ
デート邪魔された。



と、先程のお兄さんのオーラは消え一気に
弟へ早変わり





あなた
デートじゃないっての。
黒川イザナ
デートだし






次はコイツの相手をしなきゃいけないのか…






▷▶︎▷▶︎空桜🦢🌿