無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第31話

復讐
御冬 爽良
えっと…
放送室には色々な機会が沢山置いてあった
一見難しそうに見え混乱したが、放送委員用の説明書があったのでそれを参考にしてみた
私は持ってきたUSBメモリをパソコンにさして準備した
あとはこれを全ての教室に流すだけ
まずはみんなの注目をあつめないとな
私はマイクをハウリングさせた
モブちゃん
なに?
モブくん
急にキーンって言ったぞ!?
みんなの注目が集まったと思われるところで私はUSBメモリを流した
見てろよ、美依
みぃ(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥
こんにちはぁ
みぃ(*Ü*)ﻌﻌﻌ♥
今日はぁ○○をやっていきまぁす!
私が流したと同時に美依の気持ち悪い声が響く
モブちゃん
なにあれ、美依?
モブくん
確かに美依に似てるな
橋岡 美依
ッ!私じゃない!ただ似てる人でしょ?
モブちゃん
なんで急に怒るの?
モブくん
やっぱお前なんじゃ…
橋岡 美依
違う!!
橋岡 美依
こんなことしないもの!
御冬 爽良
そろそろかな
私はみんなが美依を疑っている時に第二の動画を流した
そう、美依の薬物乱用の動画を
橋岡 美依
嘘…
モブちゃん
ねえ、あれって美依?
モブくん
あれはそうだろ
顔も声も全て美依じゃん
私はUSBメモリの指紋を拭って差しっぱなしにして教室の様子を伺いにいった
みんなは明らかに動揺している
そして教室でくすくすと笑っている風がいた
しばらくたつと教師が警察をつれてきた
手錠をかけられ連れていかれる様子をみんなは強い目で見ている
橋岡 美依
風!ねぇ!
湯来 風
いま、美依ちゃんにぃ睨まれたのぉ♡
と言ってみんなの中に入っていった
御冬 爽良
復讐完了
私はくすっとわらった
次は湯来 風だ
待っててね、風
私はあなたを絶対に許さないから

































御冬 爽良
楽しみにしてくださいね