無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

質問
結莉菜side
ピンポーンとチャイムがなった
こんな時間に誰だろう
ドアを開けると復讐代行屋がいた
月明かりに照らされた彼女の姿は美しかった
復讐代行屋
こんな時間にすいません
復讐代行屋
お話があるんですけど…
佐野 結莉菜
は、はいっ!どうぞ!
上がってください!
復讐代行屋
今回のターゲットについてなんですけど
復讐代行屋
裏サイトに載っていた情報だけだと住んでいる場所を特定できなくて…
と彼女は申し訳なさそうな顔で言った
裏サイトか…何故だろう、どこか聞き覚えがある
復讐代行屋
それで、前住んでいた所とかって覚えてないでしょうか
佐野 結莉菜
覚えてます!
佐野 結莉菜
確か東京都の雪山市でした
私の住んでいた雪山市という所は東京都なのに毎年大雪が降っていた
人口も少なく、1000人近くしかいなかった
なのでご近所同士の中もよかった
母は顔がきいたので亡くなった時も市全体でお葬式を上げた
復讐代行屋
ありがとうございます
復讐代行屋
それでは、失礼しました
佐野 結莉菜
さようなら…!
――――――――――
復讐代行屋side
復讐代行屋
雪山市か…
雪山市__
聞いたことがある
確か東京都なのに毎年大雪が降るという特殊な市
人も少なく、ご近所同士の中も良いらしい
復讐代行屋
行ってみるか
――――――――――
復讐代行屋
ふう…
雪山市までは電車が通ってなく、その前の片山市から歩かなくては行けない
しかも結構距離がある
復讐代行屋
ヒールでこなきゃ良かったかも…
はあ、と大きなため息を吐く
とりあえず今日は宿に泊まって明日の朝向かおうかしら
そう思い当たりを見回すと漫喫が見つかった
復讐代行屋
今日はあそこに泊まろうかしら
中に入ると漫画がずらりと並んでいた
一つ一つ個室になっているので復讐の計画も立てやすい
ご飯はコンビニで買って食べよう
近くに露天風呂もあったはず…
今日はゆっくり復讐計画を立てて明日頑張ろう
復讐代行屋
まずは…
もう一度ターゲットのことを確認した

名前 佐野 貴史サノ タカシ
年齢 不明
出身 日本
罪 殺人。妻を殺害。
概要 今は東京にひっそりと暮らしている。
娘がいた。過去に何かをしでかしたらしい。
例の宗教に入ってからおかしくなった。
か…
そしてもうひとつわかったことは前に雪山市にいたこと
ひっそりと暮らしているらしいのでご近所同士の仲が良いもう雪山市にはいないだろう
そうなると場所を探すのは大変だが…
まあ、ご近所同士仲がいいから何か知っている人もいるかもしれない
人口も1000人くらいらしいので全員に聞くことも可能だ
復讐代行屋
明日も早いしもう寝よう
そう言って私は狭い個室に横になり眠りについた