無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

プロローグ
一人の少女は思った_



























御冬 爽良
どうして…どうして私だけ?



















彼女の足取りはフラフラとしている































白羽 臺
助けてあげるよ




















差し伸べられた手に少女は手を
























重ねた_