無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,972
2019/06/15

第2話

3話
莉犬くんとあなたさんは方向が一緒で、一緒に帰っている所
作者
作者
あ、そーいえば    前回の話でおかしいとこなどあればコメントください。
ーーーーーーーーーきりとりーーーーーーー
莉犬
莉犬
今日は楽しかったなー
美来
美来
そーだね
美来
美来
(そういえば今日の放課後Aちゃんにこんなこと言われた。)
クラスメイトAちゃん
クラスメイトAちゃん
(今日みんなで遊ぶでしょー?   その帰り道莉犬くんと帰り道一緒じゃん?
そのとき、莉犬くんに告ればー?)
美来
美来
(えー?   振られたら怖いし今の関係が崩れるかもしれないから嫌だよー)
クラスメイトAちゃん
クラスメイトAちゃん
(でも、告白成功するかもしれないじゃんー      ほら、頑張ってね!!)
美来
美来
あー    どーしょ告らなきゃ
莉犬
莉犬
なんか言った??
美来
美来
莉犬くん!
莉犬
莉犬
あなた!
美来
美来
え?
莉犬
莉犬
え?
莉犬
莉犬
言いたいことがあるんだけど、、
美来
美来
私も、言いたいことがある、、
莉犬
莉犬
じゃあ、俺から言うよー
莉犬
莉犬
あなた
莉犬
莉犬
実はあなたの事ずっと前から好きでした!
美来
美来
!!!
莉犬
莉犬
もし、良かったら俺と付き合って、、、欲しいな
美来
美来
私も!
美来
美来
莉犬くんのことが、ずっと前から好きでした!!
美来
美来
こんな、私でもいいなら、、、
莉犬
莉犬
やったぁあ😆♥
莉犬
莉犬
(・ω・`*)ネーあなた
美来
美来
ん?
莉犬
莉犬
手、、、繋ご?
美来
美来
うん、、、(///////♥️)