第1話

1‪𓂃 𓈒𓏸໒꒱
201
2021/05/30 00:00
ある日突然。ほんとなんの前触れもなく私は異世界に連れてこられた。
普通に図書館で本を読んでまったりしてから帰ろうとしたら黒い馬車?に轢かれてそこから見知らぬ場所にいた。
目の前で烏の仮面被った変態コスプレ野郎が「えぇ…異世界の人物……面倒臭い…」的な単語が聞こえてきたのでいやそれこっちの台詞だからね??と言ったら「聞こえてたんですか?!」と慌てる。
…ああ…面倒臭い…。異世界なんて面倒臭い…。
さっき変態烏に聞いたところここには『ミステリーショップ』というお店があるらしい。そこのサム…さんに話を付けて既に住む許可は貰ってある。
変態烏から押し付けられた監督生なんて言う面倒臭い役目は他の人に譲って私は私で…この面倒臭い世界で生きて行こう。
…それが私の、あなた・リベルテとなった私の生きていく術なのだから。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
(なまえ)・リベルテ
あなた・リベルテ
……ふぅ…やっと出来た!!
まったり生きて行こうとは思ったものの…やはりこちらの世界には炬燵などの便利器具がない。…無いならどうする?諦める?……否。無いなら作ればいいじゃない!!
それが私の出した結論だった。まったりするにも努力は必要。それは当たり前。
まあ、私が作ったものってミステリーショップでも売られてるらしいからね。これでも私役に立ってるんだよ。
…でもさあ…何でコイツらは邪魔してくる訳??
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
え、何だよそれ……。
(なまえ)・リベルテ
あなた・リベルテ
はいうざいです。僕のテリトリーに入ってこないで下さい。一応人の部屋なのでここ。
エース・トラッポラ
エース・トラッポラ
えぇ!?俺らマブダチだろ!?
(なまえ)・リベルテ
あなた・リベルテ
はい鬱陶しい。今すぐ視界から消えて下さい鬱陶しい。
そもそも貴方とマブダチになった覚えはありません。と付け加えるとエースは「お前の所為で心が傷ついたわー。だからこれ入らせてな。」と棒読みで勝手に人の炬燵に入ったのだ。……何で?何でなの?何でコイツら(NRCの学生)は人の邪魔してくるんだよ!!



















,
名前

あなた・リベルテ(フランス語で自由)
その他

かなり自由で極度の面倒くさがり。
性別は中性だが女と思われている。
一人称はよくコロコロ変わる。
ゲーム廃人なのでイデア先輩と仲がいい。
よくルチウスやラギー先輩をモフっている。
図書館によく出没する。授業には出ない。
常にパーカー。
next‪𓂃 𓈒𓏸໒꒱

プリ小説オーディオドラマ