無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

もう、、、、
リサ
リサ
グクくんそれはないよ笑
グク
グク
えー?そーか?笑
リサ
リサ
うん!ないないw
グク
グク
楽しく喋ってるなぁ〜
グクとリサちゃん。
私、耐えられるかな?苦笑い
そー、思った瞬間頬に一滴の涙が流れた
涙をふいても拭いても
止まらない…
あなた
あなた
あっ、私グクのことがこんなに好きだったんだ…((ボソッ…
視線を感じたのかグクがこちらをみた
あなた
あなた
ビクッ( ̄┏_┓ ̄;)!!
私は目をそらすように席に座った
絶対に不自然だったよね

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぱくじ
ぱくじ
小 説 書 き ま す 。 み て く だ さ い 。 中 1 で す 。 お な い ど し は つ な が ろ ー ? Instagram や っ て る 人 ー ?
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る