無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第75話

めちゃ平和じゃんけ

あの後田西さんは家に帰った。







そして




パトロール再開!
沖田総悟
沖田総悟
おめぇ…顔隠したらどうですかィ?
(なまえ)
あなた
は?
(なまえ)
あなた
なんでよ笑
沖田総悟
沖田総悟
いや…さっきみたいに変な奴に目付けられて…
(なまえ)
あなた
なに〜?心配してくれてんの?
あなたはニヤリと笑みを浮かべた
沖田総悟
沖田総悟
うるせぇ〜

沖田はあなたの顔を手で掴んだ
(なまえ)
あなた
うぎゃっ
坂田銀時
坂田銀時
あれ〜?お巡りさんがパトロール中にイチャついてる〜
沖田総悟
沖田総悟
旦那じゃないですかィ〜
(なまえ)
あなた
ブフフクウグウー(はなしてよおおお!)
坂田銀時
坂田銀時
沖田君あなたの顔ぐしゃぐしゃになっちゃうけどそれ
沖田総悟
沖田総悟
あー、すいやせん、すいやせん

あなたの顔から手を離した
(なまえ)
あなた
(  ◜ ཫ ◝  )シヌカトオモタヨ
てか…私の事スルーかよ笑
沖田総悟
沖田総悟
てか旦那ァ、それ
坂田銀時
坂田銀時
あ〜これか?



坂田の手にはジャンプといちごミルクがあった
(なまえ)
あなた
いちごミルクって…坂田君飲むの?!
坂田銀時
坂田銀時
まぁな〜


坂田君…結構な甘党なんだ
坂田銀時
坂田銀時
んじゃ〜ジャンプ読むからけーるわ
(なまえ)
あなた
あ、うん笑気をつけて帰ってくださいね!
沖田総悟
沖田総悟
最後に旦那ァ〜このシュークリームチャイナに渡しといてくだせぇ
坂田銀時
坂田銀時
あー、了解〜

坂田は沖田からシュークリームを受け取った
坂田銀時
坂田銀時
んじゃぁ〜な

そして坂田は帰った
(なまえ)
あなた
てか、総悟
沖田総悟
沖田総悟
あ?
(なまえ)
あなた
シュークリームいつ買ったの?
沖田総悟
沖田総悟
あ〜、あれですかィ?あれは賞味期限が半年切れてたんで、中にタバスコ入れてチャイナに渡そうかと思いやしてねぇ〜
(なまえ)
あなた
ああ神楽気づけなくてごめん…



あなたは沖田の顔を見るとすごく悪い笑みを浮かべていた
(なまえ)
あなた
さすが…ドS王子…
沖田総悟
沖田総悟
つか、あなた進路どうするんですかィ?
(なまえ)
あなた
おお!急だな笑
沖田総悟
沖田総悟
俺ァこのまま真選組を続けるつもりですけど、
(なまえ)
あなた
だよね笑私もそのつもりだけど
沖田総悟
沖田総悟
いいんですかィ?このままで…夢とか…色々…あなたは…
(なまえ)
あなた
それも色々考えてるんだけど今からじゃ遅いでしょ笑?しかも私真選組に入ってからは真選組が私の居場所だと思ってるし、これからずっと同じだと思う
沖田総悟
沖田総悟
ふーん
沖田総悟
沖田総悟
おめぇなんかいいセリフ使いやすね
(なまえ)
あなた
でしょ〜?笑
(なまえ)
あなた
あと…総悟と一緒にいたいし…
沖田総悟
沖田総悟
えー?なんてー?
(なまえ)
あなた
だから!総悟…と…一緒にいたいし…
沖田総悟
沖田総悟
えー?聞こえねぇー?
(なまえ)
あなた
だから!総悟と一緒にいたいの!
あ…言ってしまった




沖田の顔は少し赤く染まっている。そしてニヤけてる

(なまえ)
あなた
はめたな…?!
沖田総悟
沖田総悟
まぁ〜安心してくだせぇ、俺も同じですぜ


あなたの顔も赤く染まった


あなたside

もう…なんなの…総悟は…!いつもふいになんか言って来るから!ドキドキしちゃうじゃん!



沖田side
まぁ、あなたがどの道選んでも俺ァ〜
一緒にいるつもりだけど






2人は顔が真っ赤のままパトロールを続けた