無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

朝だよ起きなさい
ぴよぴよ
(なまえ)
あなた
ぬんっ…(※´O`※)ファー
沖田総悟
沖田総悟
やっとおきたか
(なまえ)
あなた
ぬごっ…!!!ごめッッッ…!!!


ゴツンッッッ!!!
沖田総悟
沖田総悟
おい、暴れんじゃねぇい
(なまえ)
あなた
いたい…(泣)
そっか…そのまま寝ちゃったんだ。沖田君の上に乗ってたから…
(なまえ)
あなた
ごめんっ…寝ちゃってた…沖田君寝れた?!
沖田総悟
沖田総悟
俺ァ大丈夫でっさ
沖田総悟
沖田総悟
つか…頭…
(なまえ)
あなた
えっ…!!!
ガタンッッッッッッ!!!
沖田総悟
沖田総悟
おめぇ…w動きすぎw
(なまえ)
あなた
いたい…( ᵒ̴̶̷̥́௰ᵒ̴̶̷̣̥̀     )

だって…頭ヨシヨシされたら…びっくりするじゃん…
(なまえ)
あなた
よいしょっ
(なまえ)
あなた
もう7時だ!今日何曜日?
沖田総悟
沖田総悟
今日は土曜日ですぜ
(なまえ)
あなた
朝から部活の子達がいるから…昇降口あいてるよ!
沖田総悟
沖田総悟
おうよ!行くか!






ドタドタドタドタドタドタ







無事学校を脱出する事ができた
沖田総悟
沖田総悟
おくるよ…
(なまえ)
あなた
え!いいのに…!
沖田総悟
沖田総悟
いいから送る
(なまえ)
あなた
うん。ありがとう
(なまえ)
あなた
沖田君は家のどこなの?
沖田総悟
沖田総悟
実は…俺は新選組の屯所に住んでいるんだ
おい、作者どうするんですかィ〜?



ー作者ー
ほんとに申し訳ないです。
どうしよう。どうしよう。とマヨネーズあ、迷ったんですが…沖田総悟と土方十四郎は新選組もやりつつ学生もやりつつでいいですかね…
沖田総悟
沖田総悟
しょうがねぇな最初からちゃんと設定作ってくれねぇと困る


ー作者ー
大変申し訳ございません。
この小説を見てくれている方々…
ほんとに申し訳ないです。
これからは気を引き締めて頑張ります…
(なまえ)
あなた
作者…がんばっ


ー作者ー
あなたありがとう…

それでは本編に戻ります!!!




では…どうぞ!!!
(なまえ)
あなた
沖田君は家どこら辺?
沖田総悟
沖田総悟
俺ァ…新選組の屯所に住んでますぜ
(なまえ)
あなた
あ、そっか沖田君新選組もやってるんだっけ?
沖田総悟
沖田総悟
まあ…そういう設定。
(なまえ)
あなた
そうなんだぁすごいね!
沖田総悟
沖田総悟
ほんとに思ってやすか?それ
(なまえ)
あなた
思ってる!w
(なまえ)
あなた
あ、着いた
沖田総悟
沖田総悟
一人暮らしですかィ?
(なまえ)
あなた
うん!
沖田総悟
沖田総悟
じゃあばい〜
(なまえ)
あなた
ありがとう送ってくれて!
沖田総悟
沖田総悟
いえいえ〜



沖田side
一人暮らしとは…厄介だな。
最近多いからな…
沖田総悟
沖田総悟
おい、きいつけろよ!あなた!
(なまえ)
あなた
え、うん!








真選組の屯所
沖田総悟
沖田総悟
たでぇーま帰りましたァ
近藤勲
近藤勲
遅いぞぉ総悟。遊んでたのか?
沖田総悟
沖田総悟
違いますよ、閉じ込められたんです。
近藤勲
近藤勲
おお、それはお疲れ様だったな
土方十四郎
土方十四郎
おせぇーよ総悟。
沖田総悟
沖田総悟
うるせぇー。土方しね
土方十四郎
土方十四郎
いやいや…こっちは心配してやってんだぞ。
沖田総悟
沖田総悟
しらねぇーですぜ、そんなん。
土方十四郎
土方十四郎
まぁ…近藤さんに心配かけさせんな
沖田総悟
沖田総悟
了解ー