無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第55話

実は好きだったんですPart2

あの後、コンビニでアイスを買って食べながらパトロールを開始した
(なまえ)
あなた
外暑いけどアイス美味しぃいい!副長ありがとうございます!
土方十四郎
土方十四郎
何味だ?
(なまえ)
あなた
あー、チョコです!
(なまえ)
あなた
あ、1口どうぞ!
土方十四郎
土方十四郎
はぁ?!
(なまえ)
あなた
だって、先輩食べても飲んでもないじゃないですか!死にますよ!
土方十四郎
土方十四郎
(コイツバカなのか?これじゃ関節…)
土方十四郎
土方十四郎
ま、マヨネーズかけていいなら
(なまえ)
あなた
あぁw全部にかけないでくださいよ?w
土方十四郎
土方十四郎
わかってる

俺はあなたが食べていたアイスにマヨネーズをかけて1口食べた
土方十四郎
土方十四郎
たまにはいいな、アイスも
(なまえ)
あなた
ですよね!美味しいですよねぇ!
土方十四郎
土方十四郎
まぁまぁだな
(なまえ)
あなた
副長〜実はすごく美味しぃと思ってるんじゃないんですか?笑
土方十四郎
土方十四郎
お前その顔うざい
(なまえ)
あなた
えぇえ!ショック(´口`)

なんというか、この表情の変化がずっと見てられんだよな、悲しい時は悲しい顔、嬉しい時は嬉しい顔、美味しい時は美味しい顔…


あと…素直なところにひかれた
土方十四郎
土方十四郎
お前さ、素直だよな
(なまえ)
あなた
は?!どうしたんですか急に笑
土方十四郎
土方十四郎
いや、いいと思うと思って
(なまえ)
あなた
なんか嬉しいですなぁ(*´∀`*)




( ・_<)┏ バキューン!
(なまえ)
あなた
うわッッッ!!!
土方十四郎
土方十四郎
あっ…ぶね!
沖田総悟
沖田総悟
あーすいやせん。不審者かと思ったら土方さんでした〜
土方十四郎
土方十四郎
はぁ?!どうやって間違えんだよ!つか、お前絶対俺狙っただろ!
(なまえ)
あなた
総悟危ないよお…!副長に後ちょっとで当たりそうだったよ!
沖田総悟
沖田総悟
うるせぇー
(なまえ)
あなた
(ノシ `ᾥ´)ノシ バンバン
沖田総悟
沖田総悟
痛てぇーな、叩くならもっと俺を飛ばすぐらいの拳で殴れ
(なまえ)
あなた
いや、無理だわそれは(  '-' )
沖田総悟
沖田総悟
じゃー殴んな
(なまえ)
あなた
あ、はいぃ…
沖田総悟
沖田総悟
あと…土方さん



沖田は土方の耳元で
沖田総悟
沖田総悟
あんまりあなたとイチャイチャしてると次は殺しやすよ?((ボソッ…
土方十四郎
土方十四郎
(まさかコイツ…)

そうこの時にコイツがあなたの事が好きなのを知った












そして俺もあなたが好きなのも知った。