無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第52話

放課後 教室で ○○

ー学校ー
みんなぁ…社会科の歴史が意味わからないんだけど?何も理解出来ないんだけど…馬鹿すぎるかな…
先生
織田信長が…
(なまえ)
あなた
織田信長がぁ…


ゴンッッッ!!!
(なまえ)
あなた
うぎゃッッッ!!!

椅子が後ろから蹴られた
先生
あなたさんー静かに〜
(なまえ)
あなた
す、すいません…

私はとっさに後ろに振り向いた



総悟はニヤニヤと笑みを浮かべていた
(なまえ)
あなた
総悟ぉ…(小声)
沖田総悟
沖田総悟
なんですかィ?(小声)


私はとりあえず席について後ろに振り向いた
(なまえ)
あなた
とりあえず授業中に椅子をゴンッてやるのやめてよ!(小声)
沖田総悟
沖田総悟
その困ってる顔がいいんでさァ(小声)


総悟は私の耳元でそういった
(なまえ)
あなた
ひっ…
沖田総悟
沖田総悟
あーわかっちまいましたァ〜笑(小声)
(なまえ)
あなた
何がよ!(小声)
沖田総悟
沖田総悟
まぁ…放課後教室残ってくだせぇ〜(小声)
(なまえ)
あなた
う、うん?(小声)


なんだろ?






















ー放課後ー






神楽
神楽
あれ?あなた残るアルカ?
(なまえ)
あなた
うん笑まぁ、総悟が残れって
(なまえ)
あなた
あ、土方さん今日パトロール遅れます…!
夜は私がやるんで!
土方十四郎
土方十四郎
あぁ、わかったじゃあできるだけ早めに帰ってこいよ
(なまえ)
あなた
はーい!
神楽
神楽
じゃあバイバイアル!また明日ー!
(なまえ)
あなた
バイバイー!




ガラガラガラ



みんな行っちゃた。つか、総悟いないし!









シーーーーーーーーーーーーーーーン


え、なんか寂しいんだけど。




ガラガラガラ
沖田総悟
沖田総悟
あ、いた
(なまえ)
あなた
いたじゃないよ!笑なんかぼっちでやだったんだけど!?
沖田総悟
沖田総悟
知らねぇ〜よ



沖田は席に座っているあなたに近ずいてきた
(なまえ)
あなた
なに?なんかはなし?
沖田総悟
沖田総悟
まぁ〜そんな感じでさァ〜


沖田はあなたに顔を近ずかせ
(なまえ)
あなた
ひゃッッッ!


みみみみ、耳…なんで触ってくんの?!
沖田総悟
沖田総悟
あーwやっぱりィ…w


総悟はすごい悪い笑みを浮かべていた
(なまえ)
あなた
なんなの?!
沖田総悟
沖田総悟
耳弱いんだなァ〜て思いやしてw
(なまえ)
あなた
えー?全然弱くないけどー?(棒読み)
沖田総悟
沖田総悟
そうですかィ…じゃあ…
 


ガタッッッッッッ!!!
(なまえ)
あなた
ふぁっ!!!

沖田はあなたの耳をフゥーと息をかけた



(なまえ)
あなた
あ、危ない…落ちるところだった…
沖田総悟
沖田総悟
あなた今日イチおもしろいですぜ?
(なまえ)
あなた
総悟ぉおおお!ヾ(๑`Д´๑)ノ
沖田総悟
沖田総悟
じゃあ俺の弱点見つけてくだせぇ笑
まぁ、あなたには無理だと思いやすけど笑
(なまえ)
あなた
ば、バカにしないでよ!!
総悟の弱点ぐらい…!



私は立ち上がり総悟の頭を触った
沖田総悟
沖田総悟
え、
(なまえ)
あなた
めっちゃ髪の毛サラサラッッッ!!!
なにこれ!!!
沖田総悟
沖田総悟
………。
(なまえ)
あなた
一生触ってられるやつよ、これ総悟…
(なまえ)
あなた
総悟…?
沖田総悟
沖田総悟
頭撫でられるのが久しぶりでなんか
嬉しい…
(なまえ)
あなた
え、…なんか可愛い。
沖田総悟
沖田総悟
は?!可愛くなんかねッッッ…



バタンッッッ!!!



沖田が急に動いたためあなた
床に倒れた


あなたは沖田の上に乗っかった
(なまえ)
あなた
び、びっくりし…
(なまえ)
あなた
そ、総悟?!大丈夫?!まさか…変なとこ打った?!
沖田はすごい苦しそうな顔をしている
沖田総悟
沖田総悟
なーんちゃってィ



沖田はあなたを床に押し倒した
(なまえ)
あなた
ぎゃっ!!!
(なまえ)
あなた
総悟?!
沖田総悟
沖田総悟
まぁ、俺も男でさァ
(なまえ)
あなた
え?!ちょっと待って…


今までしたことのないキスをした。
(なまえ)
あなた
ぷはぁッッッ…
沖田総悟
沖田総悟
はい、次可愛いなんていいやしたら
沖田総悟
沖田総悟
タダじゃ済まないから