プリ小説

第5話

優しい笑み
今日は小テストが帰ってきた。
はじめ先生が教えてくれたところは出たんだけど、、、。
あなた
あなた
どうしよ。50点中17点、、。
はじめ先生に見せれないよ、こんなテスト。罰ゲームなんだろ。
塾で。


今日は水曜日。
数学だけど、小テストはみせないとだめだよね、。
はじめ先生
はじめ先生
あなたちゃん。テスト返ってきた?
やっぱそれだよね、。
あなた
あなた
はい、、。
はじめ先生
はじめ先生
どうだった?
あなた
あなた
ごめんなさい!
優しく微笑みかけるはじめ先生。
もう謝るしかなかった。
はじめ先生
はじめ先生
え?
あなた
あなた
17点でした。
私はテストの答案を見せた。
はじめ先生
はじめ先生
頑張ったじゃん!
あなた
あなた
え?
はじめ先生
はじめ先生
だって俺が教えたとこ全部あってるし、そんな謝ることないよ。
でも応用力がちょっとないからそこを先生と頑張っていこうね。
そういうと先生はまた優しく微笑んだ。
はじめ先生
はじめ先生
よし、授業やるよ!
気持ち切り替えて?
やっぱ、罰ゲームなのかな?
あなた
あなた
はい、。
はじめ先生
はじめ先生
数学どこまで進んだ?
あなた
あなた
えっと、13ページまでです。
はじめ先生
はじめ先生
OK
やっていこう。
それから今日の授業はあまり集中できない。

どっちになるかって言うのもあるけど、だんだんはじめ先生の優しい笑顔に引き寄せられていった気がして、、、。
はじめ先生はよく見るとやっぱりかっこいい。
声もかっこよくてドキドキする。

って何考えてるんだろ/////
はじめ先生
はじめ先生
あなたちゃん、、?
大丈夫?熱あるんじゃない?顔赤いよ。
そういうと先生は私のおでこに手をあてた。

あなた
あなた
え、
あなた
あなた
あ、あの熱とかないので、!
はじめ先生
はじめ先生
そっか、よかった!
またその笑顔。ずるいよ先生。
授業後、私はきいてみることにした。
あなた
あなた
あの、罰ゲームですか?どっちですか?
先生は驚いていた。
はじめ先生
はじめ先生
じゃあ今回は特別に、お願い事1つ言っていいよ。
あなた
あなた
質問でもいいですか?
はじめ先生
はじめ先生
うん。
どうしよう、、。
はじめ先生
はじめ先生
別に今じゃなくてもいいよ。
次の授業までだったら。
先生はそう言うとドアノブを掴もうとした。

私はその腕を掴んだ。
あなた
あなた
待ってください!
先生は焦ってる。
あなた
あなた
あの、やっぱり今でもいいですか?
あなた
あなた
次の小テスト満点だったらハ、ハグしてくださいっ。
はじめ先生
はじめ先生
え、いいの?
「いいの?」ってなにそれ。私がはじめ先生のこと好きなだけなのに。
あなた
あなた
はい、。
そう言って先生との授業は終わった。

はじめ先生side

今日はあなたちゃんが小テストを持ってくる日。結果どうなんだろ。
はじめ先生
はじめ先生
あなたちゃんテスト返ってきた?
あなた
あなた
はい、。
微妙な感じ?
はじめ先生
はじめ先生
どうだった?
あなた
あなた
ごめんなさい!
え、そんなに悪いの?
はじめ先生
はじめ先生
え?
あなた
あなた
17点でした。
見ると俺がこの前教えたところはできている。
応用力がないのかな?
はじめ先生
はじめ先生
頑張ったじゃん!
あなた
あなた
え?
はじめ先生
はじめ先生
だって俺が教えたとこ全部あってるし、そんな謝ることないよ。
でも応用力がちょっとないからそこを先生と頑張っていこうね。
はじめ先生
はじめ先生
よし、授業やるよ!
気持ち切り替えて?
まあ、罰ゲームはなしかな。
あなた
あなた
はい、。
はじめ先生
はじめ先生
数学どこまで進んだ?
あなた
あなた
えっと、13ページまでです。
はじめ先生
はじめ先生
OK
やっていこう。
今日の授業はなんか俺ばっかり話してる気がするんだけど、あなたちゃんの顔赤いし。熱あるのかな?
はじめ先生
はじめ先生
あなたちゃん?
大丈夫?熱あるんじゃない?顔赤いよ。
俺はあなたちゃんのおでこに手をあてた。
あなた
あなた
え、
あなたちゃんは俺の手から離れた。
あなた
あなた
あ、あの熱とかないので、!
はじめ先生
はじめ先生
そっか、よかった。
熱なくてよかったけど、顔もっと赤くなってる、、、。
あなた
あなた
あの、罰ゲームですか?どっちですか?
え、それ今聞く?
なかったことにしようかと思ったけど。
どうしよう。
はじめ先生
はじめ先生
じゃあ今回は特別に、お願い事1つ言っていいよ。
あなた
あなた
質問でもいいですか?
はじめ先生
はじめ先生
うん。
めちゃくちゃあなたちゃん悩んでるじゃん、。
はじめ先生
はじめ先生
別に今じゃなくてもいいよ。
次の授業までだったら。
俺はドアノブに手をかけた。
あなた
あなた
待ってください!
え!?おいら手掴まれてる!?(やべぇおいらって言っちゃた。)
あなた
あなた
あの、やっぱり今でもいいですか?
あなた
あなた
次の小テスト満点だったらハ、ハグしてくださいっ。
はじめ先生
はじめ先生
え、いいの?
やべ、何言ってんの俺。
ロリコンみたいになったかも、。
あなた
あなた
はい!
今思ったけどハグってやばくね?
なんで俺許可だしちゃったんだろ。
✂︎-----------------㋖㋷㋣㋷線-------------------✂︎
投稿遅れました。ごめんなさい🙇💦

今回結構長めでしたね、。はじめ先生sideを入れるとどうしても長くなってしまいました。😅

題名がストーリーとあってない気もしますが許してください😉🙏

次回の投稿はできるだけ早く投稿出来るように頑張ります!

最後まで読んでくれてありがとうございます🙌💕

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

瑳来☺︎
瑳来☺︎
小説は初めて描きます! ジャンルとかはあまりないですが、特に はじめしゃちょーの小説を書いていきたいと思っています😊
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る