無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

事情
小雪
小雪
よし、これで全部かな
まぁ、あとは白狐が手伝ってくれたからいいんだけど
私ね今とある「ウィルス」を集めてるんだ( ^ω^)
なんだろーね
まぁ、この時代生きてたら誰でもウィルスのことくらいわかるよね
このウィルスが使えそうだから今採取してるの( ^ω^)
え?小雪ちゃんは大丈夫なのかって?

フッ私は移らないのさ!何故かって?

作者のつご(((殴
*:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ
小雪
小雪
たっだいまー!
善逸
おかえりー!
炭治郎
おかえり。鍛錬の続きやるか?
アズール・アーシェングロット
ぼ、僕達はもう…ウップ…帰りますので…。
ありがとうございました…。
小雪
小雪
あら?そうなの?
小雪
小雪
じゃあみんなばいばーい♪
みんな手を振って帰っていった
小雪
小雪
それじゃあ、残りの人達は鍛錬頑張ろうね!!
「「「はい!」」」