無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

偽って
リドル・ローズハート
どういうことだい?
学園長
そんな高度な魔法を…
魔力があるなら寮を一瞬で建てることもできるでしょ
小雪
小雪
うーんここでいいかな
外に出て手をヒラヒラと回すと屋敷が出てきた
「「「「「「ぇぇええええ!?」」」」」」
小雪
小雪
善逸〜雪屋敷邸だよー!
善逸
す、すごい…そっくりじゃん!!!
小雪
小雪
エッヘン
善逸
(あ、可愛い)
学園長
で、では住むところも決まったことですし…
明日からはこの学園の護衛をしつつ、この学園に通うということでいいですか?
小雪
小雪
はい!大丈夫ですよ!
ふぅ…みんな帰ったね…
善逸
……………こゆちゃん大丈夫?
小雪
小雪
へ?
私なら大丈夫だよ!
善逸
その…音が…
小雪
小雪
音?
え?音?
私は元気だよ?
善逸
疲れてるような…………………困ってるような?
困ることなんてないし…別に疲れてはいないし…
でも善逸の耳の良さは確かだし…
小雪
小雪
ん〜…なんだろうね
まぁ、気をつけるね!
善逸
部屋まで送るよ!
小雪
小雪
ありがとう…!
心配してくれてるのかな?
大丈夫だよ


疲れてないし

……*☼*―――――*☼*―――――
ツカレテナイシ
ダイジョウブ……
マダバレテナイ
バレタクナイ
ワラワナキャ…
ダレノマエデモエガオデ…
ワタシハ……………
ポタン…