無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

それは突然に
アズール・アーシェングロット
ここは___で___そして
小雪
小雪
なるほど…(?)
リドル・ローズハート
ここは___
今アズールとリドルくんに勉強を教えて貰ってます
私アズール達とは年齢一緒じゃん?

それに転生されたとかでまったく勉強できてないわけ


ちょっとまずいなーって思って教えて貰ってます!
善逸達は他の柱に任せて鍛錬とかしてもらってるよ!
小雪
小雪
ふぁ〜…
アズール・アーシェングロット
…少し休憩しましょうか
リドル・ローズハート
こゆは理解が早くて教えがいがあるよ
小雪
小雪
そう?勉強苦手なんだけど…
アズール・アーシェングロット
あなた、やればできるんです
小雪
小雪
やれば……確かに…私今までノー勉で…
リドル・ローズハート
え!?どうやって高校に行けたんだ!?
小雪
小雪
それは…ちゃんと勉強したよ?さすがにまずいし…
それに中学の時はなぜか勉強しなくても成績の方は良かったの
私って記憶力がいいのかな?
アズール・アーシェングロット
………(無自覚か)そうですね
アズール・アーシェングロット
それで___
アズールが言いかけた途端
善逸達が大急ぎでこっちに走ってきた


何かあったんだ
善逸のこんな焦った顔

見たことない…
小雪
小雪
善逸、落ち着いて
小雪
小雪
何があったの?
善逸
どうしよう…御館様が___!!!
小雪
小雪
…っ!!
そんなっ…!
小雪
小雪
そんな…遅かった…っ
小雪
小雪
鬼舞辻無惨…ね
どうしよう
このまま___