無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

プロローグ
次の日
小雪
小雪
善逸〜
善逸
なぁに?
小雪
小雪
なんか最近任務少なくない?
善逸
確かに……でも俺にとってはラッキーだけどね!
小雪
小雪
まあねww
なんだろ……

胸騒ぎがする
神様
神様
大変!大変!
2人「「ぎゃあああああああああ!」」
神様
神様
何よー化け物扱いしなくてもいいじゃん
善逸
え………………誰
小雪
小雪
なんだ…私か…
善逸
小雪
小雪
私を転生させた人
善逸
えぇ!?
神様
神様
そそ。どうもよろぴく☆
……じゃなくて!大変なの!
なんだよーそんなに焦ることなのかよー
小雪
小雪
つまらなかったら善逸と私どっかに行くからね
神様
神様
くだらなくないの!ほんとに大変なの!
善逸
わかったから早く結論を…
はよ言えってのw
神様
神様
実は鬼が他の世界でもでたの!
小雪
小雪
ま?
神様
神様
ま!!
善逸
ごめんなさい話の意図が読めない
神様
神様
アニメの決壊を破った鬼がいて暴れだしてるの…鬼の首を断つ者がいないから今どの世界でもパニックなの
ちょいまち
小雪
小雪
ちょいまち
神様
神様
なんでしょう
ニヤニヤすんなって…
小雪
小雪
それって転生するやつ?
神様
神様
YES
小雪
小雪
………………私の推しが居るところ?
神様
神様
Yes
小雪
小雪
よーし!善逸くん行くぜ!!!
よっしゃ!行ってやろうじゃん!
善逸
ぇぇえ……
神様
神様
2人で頑張るのよ?
「「ゑ」」
神様
神様
詳しいことは着いてからにするから!
小雪
小雪
ねーね善逸
善逸
小雪
小雪
転生させるくらいの力があるなら自分で何とかすればいいと思わない?
善逸
確かに!
神様
神様
おい、聞こえてるからな
小雪
小雪
えー…だってホントのことじゃん
神様
神様
推しに会いたくないのか?
小雪
小雪
行きます(((即答
いや、滅多に会えないんだぜ?



画面の中にずっと居てこっちに来ないんだぜ?



だったらこっちから行くっきゃない!
善逸
ねええええ!ホントなんなの!?意味わかんないよぉぉおお!
神様
神様
あの…とりあえず転生してくんない?あなた達が行かないと意味ないから
「「ア、ハイ」」
小雪
小雪
あ!このことをみんなに言わないと!
神様
神様
大丈夫それなら後で言うつもりだから
小雪
小雪
わかった〜
善逸の手を取りゲートの中に入る

善逸めっちゃびびってたよww
善逸
ねえ!明らか怪しい!ほんとに大丈夫なのぉぉおおお!?
ゲートが閉じる前に
神様
神様
あ!必要なものは全部送っておくから!
神様
神様
何せ私






























神様
神様
優しいので♪