無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

番外編
なんとですね!今日善逸の誕生日なんすよ!
だから今日は盛大に祝います!
小雪
小雪
ふふっ
善逸今いないから今のうちに準備しとこ!
え?プレゼントは?って?


もう買ってる!!!
ってことで準備出来ました〜
なーんか手伝って〜とか協力してーとか一緒に祝お〜って言っても「こゆが祝ってあげて」って言うんだよね…

まぁ、明日祝うみたいだけど…
善逸
ただいま〜!!!
あ!帰ってきた!
我今扉の前でクラッカー持って待機中…
善逸
スパーン
こゆちゃん〜!!♡
パーン!!!
善逸
ぎぃやああああああああ!!!!
小雪
小雪
お誕生日おめでとう!!!!!
善逸
え?え?これ全部こゆちゃんが…?
小雪
小雪
うん!
目の前には豪華な手料理と飾り付けそして部屋の隅にはたくさんの箱が…
善逸
凄い!ありがとう!
小雪
小雪
ふふん♪まだまだこれからだよ!
ご馳走を食べたあとケーキを食べてプレゼントを渡す時間になった
小雪
小雪
あのね…実はあげたいものがたくさんありすぎて一つにまとまらなくて…全部買っちゃったんだ〜…
善逸
善逸
こんなに!?
大きな袋には着物が入っててお皿とか時計とか身につけるものとか小物とかお菓子をプレゼントした
善逸
うう〜…ありがとう泣
小雪
小雪
喜んでもらえてよかった!
小雪
小雪
あのね誕生日って特別なの
だから今日はなんでも善逸の言うことを聞いてあげる!
善逸
ピクッ
善逸
へぇ…なんでも……ねぇ…
ジリジリ
小雪
小雪
うん!そう!なん、でも…
小雪
小雪
な、何?
これは…………かなりまずいぞ( ^ω^)
近いぞ?善逸くん
小雪
小雪
あーっと…私食器片ずけるね〜…
善逸
だーめ♡朝すればいいじゃん♡
こーゆー時に雄っぽいところ見せるかな〜…

しかも朝って…
お決まりの手掴みに床ドン
小雪
小雪
っ…
力を入れるも逃げられない
善逸
可愛い〜♡顔真っ赤だね〜
善逸
ん〜♡
小雪
小雪
はぁ…もういいよ
私が好きにしろって言ったもんね
小雪
小雪
どうぞ善逸の好きなように…
善逸
ふふっ♡
小雪
小雪
誕生日おめでとう善逸
善逸
へへっありがとう
次の日立てなくなったのは言うまでもない…