無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

寮わけ
んふふふふゲーム以来ね
闇の鏡さん(^ω^)
学園長
鏡の前にたってください
小雪
小雪
まずは善逸からねん!
善逸
え、俺どうすればいいの?
小雪
小雪
鏡の前にたって名前を言うだけ
善逸
…………
闇の鏡「汝の名を告げよ」
善逸
あ、我妻善逸
善逸めっちゃびびってるwwww


そりゃそうよねw鏡がしゃべってるんだもんww
闇の鏡「汝の魂の形は……わからぬ」
善逸
????
小雪
小雪
(ΦωΦ)ホホォ…
学園長
なんですって!?2人目!?
闇の鏡に「この者は魔力が強すぎる」

闇の鏡「よって、どの寮にもふさわしくない!!」
小雪
小雪
へ〜かえってよかったね
善逸
???
小雪
小雪
とりあえず良かったのよ!
でも住む所ないね
善逸
えぇ!?俺どうするの!?
小雪
小雪
落ち着いて…後で考えよ!
学園長
では次はあなたですよ
闇の鏡の前に立ったけど……めっちゃ緊張する…
闇の鏡「汝の名を告げよ」
小雪
小雪
五月雨小雪
闇の鏡「汝の魂の形は……ハーツラビュル、いや、サバナクロー?いや、オクタヴィネル…でもなくスカラビアでもない…ポムフィオーレ…イグニハイド…いや、ディアソムニア…」
小雪
小雪
え、なになになんなの
結局どの寮なの
学園長
どういうことです?
闇の鏡「この者からは魔力が強すぎてどの寮にもあてはまっている……汝の意思で寮を決めよ」
小雪
小雪
え………
学園長
こまりましたねぇ…魔力が強すぎると…あなた魔法は使えるんですか?
小雪
小雪
いいえまったく
善逸
マホウ?なにそれ
小雪
小雪
うーん普通の人間にはできないことだよ
学園長
魔法使えないんですか!?なのに魔力が強いと…?
学園長
とりあえずどの寮に入りますか?あなた達が決めてください
リドル・ローズハート
では、ハーツラビュルに入るといいよ。
君ならうちは大歓迎さ
ハーツラビュルは法律が厳しいんだよな…
レオナ・キングスカラー
サバナクローもいいぜ
お前のようなやつは生き残れそうだ
え、なんなの殺されるの
アズール・アーシェングロット
オクタヴィネルはどうです!?あなたのような人なら僕は大歓迎です!!!
オクタヴィネル行きてー……
アズール好きだもん…あ、浮気じゃないよ?(^ω^)
カリム・アルアジーム
スカラビアに入れよ!楽しいぞ〜?
カリムの世話焼いてるジャミルが大変そうだからやめとこ…
ヴィル・シェーンハイト
ポムフィオーレはどうかしら?あなたのような美少女ならアタシは入ってくれた方が嬉しいわ
お肌のケアもどんなふうにしているのか色々聞きたいわ
へ〜私美少女なんだね!

ヴィルに言われたら嫌でも自覚しちゃう!!

だってあの、ヴィル様だよ!?嬉しいいい!!
イデア・シュラウド
イグニハイドでいいんじゃないかな?
君なら話が合いそう…
確かに( ˇωˇ )

それは言える
ンンンンンンマレウスがおらん!
「「「「「「うちの寮に!!!」」」」」」
あ、圧が凄い…
小雪
小雪
どうしよう…どの寮にも入りたいけどな…
後オンボロ寮には入りたくないww
小雪
小雪
ピーン!
あ!そうだ!
学園長
な、なんです?急に大きな声だして
小雪
小雪
作ればいいんです!
「「「「「「は?」」」」」」
小雪
小雪
新しい寮を!!!!!
善逸
ぇぇええええ!?
「「「「「「ええええ!?」」」」」」