無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第35話

鍛錬1
6時です

え?ちょっと遅いって?


確かに…( ^ω^)
小雪
小雪
みなさーん起きてくださーい
みんな渋々起きてくれました

朝ごはんも食べて

いざ訓練場へ
甘露寺蜜璃
まずは柔軟かしら?
善逸くん達はこっちに来てね!
みつりちゃんは炭治郎、善逸、伊之助、カナヲを呼んで柔軟をしていた
そして地獄のような叫び声が聞こえる
善逸
いやああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁああああああああぁぁぁ
伊之助
いでででででっ
炭治郎
俺は長男だ!
カナヲ
い、痛い…
うわぁ…
小雪
小雪
では残りの皆さんはこっちで高速移動や瞬発力、腕力を一気に身につけましょうか…























小雪
小雪
逃げんなよニコッ





「ぎゃあああああああ」

「もうヤダ!!!死にたくないい!!」
「ああ、母さん、今までありがとう」

「休憩を…」

「み、水……」
しのぶ
呼吸が上手く使えてませんね…
もう少し訓練を追加しましょうか……ニコッ
「ひいいい!」
訓練はぶっ通しで12時間も続いた


水は……まぁ、可哀想だったから10分だけ与えた
あ、そうそう

NRCのみんなには箒に乗ってもらってるよ

魔力を限界迄出せるようにね

それとただ乗るだけじゃないのよ

箒の後ろに重いヤツのせてんの
寮長クラスも結構頑張ってますよ
それから1週間後隊士達はかなり強くなったと思う
今度はついに打ち込みかなぁ…と
みんなぶっ倒れなきゃいいけど…呼んで遅い