無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

捕まった!
シュバッ
小雪
小雪
ふぅ…ついたよ〜
善逸
戻ってきたね〜
フロイド・リーチ
ね〜♡
「「ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」」
フロイド・リーチ
うるせぇ〜
え、え、なんでここにいるの?

授業は?
あれ、アズールもジェイドもいる…
まさか…ワープしてくるの見られてた!?
ジェイド・リーチ
ふふっフロイド急に驚かせてはいけませんよ
絶対そう思ってないだろ
アズール・アーシェングロット
ふふっ素晴らしい!あなたの能力…ユニーク魔法でしょうか?
話が早いあなたなら分かりますよね?
アズール・アーシェングロット
あなたの魔法が欲しいんです…!!
さぁ…僕と契約をしましょう!!
小雪
小雪
なっ!?
やっぱり…契約…
でも…私にユニーク魔法はないし…あげるものなどひとつもない…
小雪
小雪
私…ユニーク魔法なんか持ってない
アズール・アーシェングロット
嘘をつかなくてもいいんですよニコッ
善逸
(な、なんの話?それにこの人たちの音がとんでもないんだけど!?)
フロイド・リーチ
ジェイド〜なんか話ズレてね?
ジェイド・リーチ
ふふっ確かに
惚れ薬を飲ませようとしていたのに完全に目的がズレています
は?今なんて?
小雪
小雪
ほ、惚れ薬?
善逸
え?
なんで惚れ薬?
まさか…
アズール・アーシェングロット
ジェイド!!!
フロイド・リーチ
あはは♡
口が滑っちゃったね
小雪
小雪
ほ、惚れ薬ですって!?絶対にダメ!善逸は渡さない!私の善逸!!!
善逸
え…???(ズ、ズレてる!!!)
アズール・アーシェングロット
はぁ…呆れました…
え?善逸ちゃうの?あ、私か…( ^ω^)
小雪
小雪
すんません
取り乱した
顔が美人すぎて女かと思ったそりゃ取られたくないわ
美少女すぎてこっちが女辞めたくなるほどお顔が綺麗すぎるし…
小雪
小雪
まぁとりあえず___
善逸
あ!こゆち___
ダンッ!!!