無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

プロローグ2
ああ……愛しい我が君
気高く美しい悪の華
貴方こそが世界で1番美しい
┈┈┈鏡よ鏡教えておくれ
        この世で1番┈┈┈┈
┈┈┈┈闇の鏡に導かれし者よ
汝の心の望むまま
鏡に写る手を取るがよい


明月をもはいにする焔炎
刹那をも封じ込める凍氷
蒼穹をも飲み込む大樹
闇の力よ恐れるな

さぁ┈┈┈力を示すが良い
私に彼らに君に


残さされた時間はない
決してその手を離さぬよう┈┈┈┈