無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第47話

目を覚ますと俺は手当をされていて俺の隣には涙を流し手を握っていたこゆちゃんがいた
善逸
…………
小雪
小雪
…っ善逸
よく頑張ったね!
生きててよかった…!
アズール・アーシェングロット
大丈夫ですか!?顔にヒビが…
フロイド・リーチ
うわなにこれ痛そう〜
ジェイド・リーチ
貴方が目覚めるまでずっとこゆさんは隣にいたんですよ
………こゆちゃんが?
小雪
小雪
う、うわぁ…う、グスッ
な、涙の呼吸
い、ちのかた
……涙渕
大粒の涙を流しながら途切れ途切れに呼吸を使って俺の体を回復させてくれた
善逸
…ありがとう
ギュ
小雪
小雪
……グスッ
私これからあのワカメのところに行ってくる
善逸
え?わ、わか、え?
アズール・アーシェングロット
ボスがワカメとは……
フロイド・リーチ
ええ〜?ワカメみたいな頭してんの?
小雪
小雪
そそ
だからワカメって呼んでる
私はね
小雪
小雪
じゃあ、行ってくるけど、3人はもう帰って
ジェイド・リーチ
何故ですか?
小雪
小雪
ここから先はほんとに危ないの
いくら魔法があるからと言っても呼吸も使えない一般人を1人で守るには危険すぎる
アズール・アーシェングロット
…………わかりました
フロイド・リーチ
ええ〜?もう帰んの?
ジェイド・リーチ
ええ、こゆさんは僕達の安全が一番のようなので
小雪
小雪
じゃあね
小雪
小雪
………
善逸
………!!?
相変わらず足が早い……
魔法で3人を返した後、足の早いこゆちゃんは鬼舞辻無惨の所へ向かった
善逸
俺も行くか…











まぁ、最後の言葉俺には聞こえてたよ



























         さようなら