無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

善逸のお使い
やっべやっべきのこ切れたわ買いに行こ

今昼ごはんを作ろうと思ったけどキノコがないので悩んでいるこゆです(17)
小雪
小雪
善逸〜ちょっとお使い行ってきてくれる?
善逸
わかった〜何買ってくればいい?
小雪
小雪
えっとね〜キノk(((おや?僕もご一緒しても?
いつの間にか、背後には双子の片割れウツボの人魚190cmのジェイド・リーチ(17)がいた


めっちゃニコニコしてる
小雪
小雪
どっから湧いてきやがった
帰れ( ^ω^)
ジェイド・リーチ
おやおやおやおやおや悲しいです
しくしくしく
善逸
わ、わざとらしい…
小雪
小雪
まあいいわ
善逸だとちょっと心配だったし
善逸
ちょっと!?
俺、お金の使い方段々わかってきたから!大丈夫だから!!
善逸の世界とこっちの世界ではお金の使い方が違う

心底心配だった

まあジェイドがいてよかったわ
小雪
小雪
ジェイド、ちょうどいいわ
善逸と一緒に行ってあげて
ジェイド・リーチ
フフっ
あなたならそう言うと思いました。
かしこまりました。行ってきます
善逸
ぇぇぇぇ…
ジェイド・リーチ
なにか文句でも?‪
善逸
いや………なんでも
小雪
小雪
あ!善逸!刀忘れてる!
善逸
あ、ほんとだ
刀をひょいっと投げて善逸に渡すと片手でキャッチしてくれた

前は怖がってたのに……

成長したな……
小雪
小雪
行ってらっしゃいー!


まあついでだもんね



これは試験だと思って


善逸には悪いけど


ついでに任務を片付けてもらお♪


あ、キノコは本当だからね???????