無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

いざ、無限城へ
柱やツイステキャラのユニーク魔法を持っていない人達だけが集まっている(戦闘用)
要は
小雪
小雪
___闘えってことなんだよね
「「「「「……」」」」」
小雪
小雪
大丈夫、私達、生きて帰れるから
みんないる
小雪
小雪
私の血を飲んで
ちょっと引くかもしないけど普段の倍以上は戦える
小雪
小雪
っ___!
珠世さん!!
私が呼ぶ頃には悲鳴嶼さんが棘付き鉄球で無惨の頭部を打ち砕いていた
善逸
頸をきっても死なないっ…
小雪
小雪
日が登るまで頑張らなきゃ!!
霞の呼吸 肆ノ型 移流斬り

蟲の呼吸 蝶ノ舞

蛇の呼吸 壱ノ型

恋の呼吸 伍ノ型 揺らめく恋情

炎の呼吸 弐ノ型 昇り炎天

水の呼吸 参ノ型 流流舞い

風の呼吸 漆ノ型

ヒノカミ神楽 陽華突

雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃

雪の呼吸 伍ノ型 吹雪の舞
いっせいにワカメに切りかかろうとした時下にあった無限城への障子がスパン!と空いて



私達はそのまま落ちていった……
*:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ *:..。oƒ
小雪
小雪
ぎゃああああああああ!!!!!
な、何ここ!
もしかしてここが無限城…!
小雪
小雪
ひっ…鬼がいっぱいでてきた!
小雪
小雪
雪の呼吸   
拾壱ノ型
神楽月 雪美月…!
呼吸を使うと鬼はほとんど消えた
だけど、切っても切っても鬼が出てくる



一体何体いるの…?



体力が削られそうだ
小雪
小雪
っ…はぁはぁ…
さすがに無理がある…
ここは逃げよう( ^ω^)
こいつらより強い鬼がいるはずだ
?「ひっひいいいい!!!」


?「ヒョッヒョ!素晴らしい!」
この声はまさか…