無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

ついにっ!?
何故だ…
何故1章か遊郭編が始まらない!?
小雪
小雪
はぁ…
おや、紅茶が切れておる…( ^ω^)


買いに行くか( ^ω^)
小雪
小雪
善逸、私ちょっと買い出し行ってくるね
善逸
うん!わかった!俺はエース達といるから!
小雪
小雪
オケオケ後で合流しようねー
♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*♡o。+..:*
エース・トラッポラ
そんでさ〜
ユウ
へ〜
他愛もない会話をして4人で学園を歩いていると突然ドォン!と音がする
善逸
ええ!?なになに!?
炭治郎
この声はっ!善逸か!善逸!!!!助けてくれ!
デュース・スペード
りょ、寮長?じゃないな…誰だ!?
善逸
なんなの!?
宇髄天元
こゆはどこだ!
アオイ
キャー!助けてください!!
カナヲ
……ッ!
善逸
アオイちゃん!?カナヲちゃん!?
アオイちゃんとカナヲちゃんが音柱に担がれてじたばたともがいていた

騒いでいるとバタバタと四方八方から足音が聞こえてくる

各寮長や俺が見たことも無い派手な人達が沢山出てくる
学園長
なんの騒ぎです!?
炭治郎
アオイさんとカナヲを返してください!!
炭治郎が音柱に攻撃しようとする

いや、何考えてるの?相手は柱だよ?
とまあ当然のように炭治郎の攻撃をいとも簡単に避ける音柱
宇髄天元
愚か者。俺は“元忍”の宇髄天元様だぞ。その界隈では派手に名を馳せた男。
てめェの鼻くそみたいな頭突きを喰らうと思うか。
音柱は随分と冷めた目で俺達のことを見下ろしていた。やっぱり柱は俺みたいな一般隊士と全然違う。物凄い迫力。思わず狼狽えてしまう。
善逸
こゆちゃんに何の用なんですか…
自分でも驚くくらいの低い声が出てしまう
宇髄天元
次の任務の場所が遊郭だから連れていこうと思ってたんだよ
そしたらこっちにいねぇしよォ…
突然派手な光に包み込まれてこっちにきたっつーわけよ
頭をガシガシとかきながらしょうがねぇだろ…というふうに説明をする

は?どこに連れていくって?
ユウ
なっ!///遊郭!?///
善逸
嫌です!絶対に!
宇髄天元
お前が決めることじゃねぇよ
っ!
炭治郎
2人を離せ!この人攫いめ!
リドル・ローズハート
なんだって!?人攫い!?一体どういうつもりなんだ!
炭治郎
…ん?
リドル・ローズハート
…ん?
善逸
………ややこしいな!早くこゆちゃん来ないかな!
必死になって音柱様に歯向かう中、俺はただ皆んなの言葉に頷くことしかできなかった。
宇髄天元
てめーらコラ!誰に口利いてんだコラ!俺は上官!柱だぞこの野郎!
すると突然光の速さで何かが俺たちの横をすり抜け、音柱を気絶させた
























































小雪
小雪
はーい
そこまで〜