第2話

🪽
335
2023/09/01 14:00

















.
.
ー〜!?ー〜ーー!!!ー〜〜!!?
.
.
ー〜!!!ー〜ーー!!!ー〜〜!!?
鳴り響く怒声、

耳に残る言葉、

ガラスの割れる音、

痛々しい傷跡。
















昔から両親の仲が悪かった。
母は浮気癖、

父はギャンブル依存で殴るわ蹴るわ。




本当に






















_________最悪だった。
















 



「こんな人生なんて」って、「もう少しマシな環境で」って。


何回も、何千回も祈ったのに


















神様は助けてくれなかった。













自殺未遂なんてここ数年で何回したか覚えてないし、




病院のベットで起きた時の医師の呆れた顔なんて飽きるほどみた。
















だけど最近は少し不思議。


走馬灯(らしき物)を見るようになった。

















白い布に身を包んだ羽の生えてる
ベージュ髪の彼。

白い協会を背景に

優しくこちらに微笑みかける彼はまさに天使そのもの。



そんな彼はこちらを見て一言。








「まだこっちに来ちゃダメだよ」








そう言って私の肩を軽く押す



バランスが崩れ後ろに倒れていくのがわかる











そして気づいたらベッドの上……













いつしか、走馬灯の彼を見るためだけに自殺を測ろうとしていた。









主
もう夏休みも終わりですね
主
💬×3人
❤️×5人

𝙉𝙚𝙭𝙩 ︎ ⇝

プリ小説オーディオドラマ