無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ジローside
なんかふつーに暇だからメンバーと久々に出かける。人すっげぇーなぁ。さすがだ。
なんかめっちゃ走ってる人いるw
なにあれwwうけるわー!
あなた

あっ、あの!

声、かけられたっー!
みの
みの
あなた

ふ。ファン、なん、です!

え、まじw
みの
みの
おぉ!!!!
ジロー
ジロー
いぇーい
あれ、誰か後ろから追いかけてる人いるなぁ
みさ
みさ
あ、わ、私です!
どうやら、このメガネかけたこもファンと。
ジョージ
ジョージ
俺と身長あんま変わんねぇ!!
ジロー
ジロー
そこかよw
まぁ、言われてみれば。
それから色々話して、フミタカとか竹内さんのことまで知ってた。うれしーなー。

んで、なんかカフェに来ちゃいました。
おいっーみのー!ナンパかよ!w
ジロー
ジロー
あ、俺電話するから一旦外出るわ
用事あったのに昨日出てくれんかったんだよなぁ。おかしいーわー!なぞなぞ。


あ、あれ?あなたちゃん。
電話持ってる。誰かと電話するのか。
ファンだとか言っといてww

まぁいっか。
ジロー
ジロー
「もしもーし」
あなた

「あ、もしもし?」

あれ!?向こうの言ってる声が耳元で聞こえんだけど!?んれ!?聞き間違えか!?
あなた

「あの、もしかして、ジローさん?」

うわあっ!間違えてるぅー!
俺としたことがァァァ!

とりあえず、切ろう。
ジロー
ジロー
あなたちゃーん?
あなた

あ、はい

ジロー
ジロー
あ、はいってw
なんか俺間違ってたみたいだわw
ごめんなー
あなた

いえ、大丈夫ですよ

ジロー
ジロー
もう1回掛け直さなきゃな…
プルプルプル……
あなた

あ、多分ジローさん間違えてますwかかってきてますけど…

ジロー
ジロー
えぇ!?
俺がそう驚くとクスクス笑うあなた。
ジロー
ジロー
おい、笑うなよっ…!!
あなた

すみませんw

まだ。笑ってるしっ!!
ジロー
ジロー
どこが間違ってんだよォ!!
あなた

あ、私、090-□♡▽○-□♡2○ですよ。
きっと2の所でしょう?
そこ結構間違える人いるんですよ。
結構間違い電話かかってきますしw

え、すげ
ジロー
ジロー
まじ!?掛け直して見るわ
プルプルプル…
ジロー
ジロー
「あ、もしもし。あ、はいっ。カリスマブラザーズのはい。ジローです。はい。」
かかったぁ!ということで、okサインを出しとこう。
okサインを出すとまた笑ってたあなた。
おいっーーー!