無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

218
2020/10/29

第17話

双子【解説】
急な休憩が長引き、大変申し訳ございませんでした。
深くお詫び申し上げます。

本日より、講演を再開させていただきます。

尚、始めに言っておりませんでした注意を説明させていただきます。

お手元のパンフレットにあるように、
館内でのご飲食・飲食物の持ち込みは、ご遠慮いただきますようよろしくお願いします。

又、撮影の際は、後ろ側のカメラ席へお願い致します、フラッシュの使用はご遠慮の上、シャッター音はオフにして撮影していただきますようお願い致します。

講演中は周りのお客様にご迷惑にならないよう、お静かにお願い致します。
又、他のお客様にご迷惑になりますので、講演中は席をお立ちにならぬよう、お願い申し上げます。

これらのルールを守れなかった場合……
………

まもなく、講演を再開させて頂きます。
体育館前や、校内にいるお客様は、席にお着きください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
寝太郎
寝太郎
かいせ…t……
つる公
つる公
ちょ!今寝ちゃダメっすよ!汗
むすび
むすび
裏に連れて行きましょう…解説して下さい
……んーと、
なんか今回の司会が寝ちまったみたいだけど解説いくぞ!
双子の兄弟・名作と駄作のうち1人が、事故で亡くなってしまった。

女の人は生き残った1人に確認して、死んだのが『駄作』だと判断してるな。
ということは、女の人から、墓標に「なんて書けばいいの?」と質問された双子の片割れは、
「駄作」と答えたんだろうな。
……でも待て。
この双子が喋れるのは、「はい」と「いいえ」と、
……『自分の名前』だけだよな?

つまりこの質問に答えたのは駄作。
女の人に質問された駄作は、「はい」か「いいえ」で答えられる質問じゃなかったから、
自分の名前を答えただけなんだ。

実際に亡くなったのは『名作』だったって事だな!
でも、女の人は勘違いをして、名作に命令をした。
「さあ名作。
……わかっているんでしょうね。
駄作の分もこれからは、ずーっとお前が私の世話をするのよ!」
名作は、埋められた土の中から答えてるぜ?
__「はい」ってな。
むすび
むすび
名作くんは、死んでも女の人の世話をし続けるんでしょうね…
むすび
むすび
次の演劇をお楽しみにです!