プリ小説

第2話

~season1~
~エ イ ジside.~








僕はエイジ。










今僕は大荷物を持って新幹線に乗る所だ。











何故かって?

それは…










一人暮らしをするため。




え、あ、ごめんなさい。
そんなに溜めて言うことじゃないですよね、。











理由は








学校でいじめられてたから。









僕ってメガネで陰キャだから男女に嫌われてるんですよね。











それで散々いじめられてきて我慢できなかったから転校して一人暮らしする事にしました。







場所は、東京。

まぁ、東京の方がいじめられそうなんですけどねw。












でも、男気っていうのを読んでいる方々に少しは見せてあげなきゃですよね( ・´ー・`)ドヤァ。
エイジ
エイジ
お、新幹線来た。

省略します!

~東京着いた~
エイジ
エイジ
ここが…東京…
改札を出て広がる景色を見ると、そこには大きな高層ビルやたくさんの人。僕は完全にこの街に、魅了されていた。










僕が新幹線に乗って降りた所はテレビでよく見ていた渋谷。スクランブル交差点を初めて見た僕は思わず写真を撮る。こんな田舎者のようなことをしている自分にまた、思わず1人でニヤける。
エイジ
エイジ
(おっと…ダメだ1人でニヤけていたら変人だと思われてまたいじめられる…!)
エイジ
エイジ
(よし…今日は…お家に行ってゆっくりしてから、明日から行くアバ高校に行かなきゃ!)
またまた省略します!



~夜~
エイジ
エイジ
ふぅー。明日から新しい学校…いじめられないように…頑張ろうっっ!!!



僕はペチペチと頬を強く叩いた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ぽんず
ぽんず
" ぽ ん ず ワ ー ル ド "へようこそ。ぽんずワールドとは、物語の会社で私が全て物語を作っています。ぽんずワールドは、大体「なにこれ?こんなの現実でありえる!?」という非現実的な物語が多いです。 〈例〉 ・聞いたことも無い病名が出てきます。 ・現実だとありえない設定になっています。 ・死んだ人が生き返ったりします。 などなど♡ 今日も楽しんでいってください____♥︎。(この会社はフィクションです。実際に存在しません。架空会社です。)