前の話
一覧へ
次の話

第1話

もう、いいっ!!
23
2022/08/26 21:46
クレア
クレア
っはーっ・・・
クレア
クレア
疲れたわ・・・。
カララーン。
仕事終わりにいつも寄る、ブルーばー。
そこには酔っ払ったロミオがいた。
ロミオ
ロミオ
あっ。
クレアさ~~~ん。
ガレッド
クレア、相手にしなくて、良いぞ。
今日のロミオは、えらく酔っ払ってるから・・・。
クレア
クレア
う、うん。
ロミオ
ロミオ
ボク、海がみたいなぁ!
ボクの心のように広い、海。
ねぇ、クレアさん。今から行こうよぉ。
ガレッド
いつも見てるだろうが・・・。
ガレッド
もう暗いんだから、クレアをあまり、連れ回すな。
おまえも、酔っ払っているだろう?
ロミオ
ロミオ
ちぇー。
ロミオ
ロミオ
じゃあさ、明日仕事早めに終わらせて、浜辺に来てよ。
ロミオ
ロミオ
約束。
クレア
クレア
(約束​───────。)
ガレッド
それは勝手にしたらいいが・・・。
ガレッド
まあ、なんだ、クレアも、飲めよ。
クレア
クレア
うん。
ロミオ
ロミオ
ガレッドったら邪魔しちゃってぇー。
ボクがどれだけ勇気出してクレアさん誘ったと思ってるのさ。
ガレッド
明日行けるんだから、いいだろ。
ガレッド
クレア、飲みたいもの決まったか?
クレア
クレア
うん。
コレ・・・。
グスタ
クレアさんも、一曲歌うかい?
クレア
クレア
えっ・・・。
ロミオ
ロミオ
おっ!
いいねぇ~!
クレア
クレア
(っう、歌えないよー!)
次の日​───────
クレア
クレア
(急いで浜辺に行かなくちゃ・・・!)
クレア
クレア
ごめんっ・・・!
お待たせ・・・!
ロミオ
ロミオ
やぁ。クレアさん。
どうしたの?
クレア
クレア
(え・・・?)
ロミオ
ロミオ
そんなに急いで。
クレア
クレア
昨日、ここで会うって約束してたでしょ?
ロミオ
ロミオ
・・・?
ロミオ
ロミオ
あー・・・。
ロミオ
ロミオ
ごめん、覚えてないや。
クレア
クレア
(​───────!?)
ロミオ
ロミオ
でもせっかく会えたしデート・・・
クレア
クレア
もう、いいっ!!
ロミオ
ロミオ
えっ・・・!
クレアさ・・・
ロミオ
ロミオ
待ってよクレアさーん!
クレア
クレア
(なによなによなによ、ちょっと楽しみにしてた私がバカだった​───────っ!)
ナスカ
なんかあったの?
ロミオ
ロミオ
んー・・・クレアさん、急に怒って帰っちゃったんだ。
ナスカ
あんたが悪いことしたんでしょ?また。
ナスカ
ちゃんと、謝りなよ。
ロミオ
ロミオ
うーん。
クレア
クレア
(つい、カッとなっちゃったな・・・。)
クレア
クレア
(ロミオ、酔ってたからしかたないのに・・・)
ロミオ
ロミオ
クレアさん。いる?
クレア
クレア
クレア
クレア
は、はい・・・
カチャ
ロミオ
ロミオ
​───────っっっ!
ごめんっ!
ロミオ
ロミオ
ごめんね、あまりよく覚えてないけど、クレアさん、ボクと浜辺で会うの、きっと楽しみにしてくれてたんだよね!?
ロミオ
ロミオ
お詫びと言っちゃなんだけどさ・・・。
ロミオ
ロミオ
まだ先にはなるけど・・・
聖夜祭。一緒に過ごそうよ。
クレア
クレア
ロミオ
ロミオ
二人で街に出かけようよ。
クレア
クレア
っでも、そんな先の約束、ロミオだったらまた、忘れるかもしれないし・・・
クレア
クレア
ほかの女の子を好きになって、一緒に過ごすことになるかもしれないし・・・。
ロミオ
ロミオ
忘れないよ。
ロミオ
ロミオ
クレアさんとの約束だもん。
ロミオ
ロミオ
特別な日に、特別な存在の女の子と過ごすんだ。
忘れるハズがないよ。
クレア
クレア
(説得力がない​───────!)
ロミオ
ロミオ
じゃ。
それだけ、言いたかったんだ。
ロミオ
ロミオ
また、浜辺で話そうよ。
あそこなら、周りにあまり人いないしさ。
ロミオ
ロミオ
待ってる。
クレア
クレア
う、うん。
いつものおちゃらけてるロミオとは違い、真剣な眼をしてた​───────。

プリ小説オーディオドラマ