無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

10話*.+゚
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
(柱…!?柱ってなんだ?なんのことだ?)
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
(この人たちは誰なんだ?ここはどこだ?)
いかにもわからないといった様子で辺りをキョロキョロと見回す炭治郎



と、しのぶが口を開く
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
ここは鬼殺隊の本部です。あなたは今から裁判を受けるのですよ


.

胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
竈門炭治郎君
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
裁判の必要などないだろう!鬼を庇うなど明らかな隊律違反!我らのみで対処可能!鬼もろとも斬首する!
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(斬首は行き過ぎでしょ…)
宇髄 天元
宇髄 天元
ならば俺が派手に頸を斬ってやろう。誰よりも派手な血飛沫を見せてやるぜ
宇髄 天元
宇髄 天元
もう派手派手だ
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(斬首前提??しかも派手派手とか意味わかんない…)
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
(えぇぇ…こんな可愛い子を殺してしまうなんて…)
甘露寺 蜜璃
甘露寺 蜜璃
(胸が痛むわ。苦しいわ…)
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(甘露寺さんは多分悲しんでると思う…)
悲鳴嶼 行冥
悲鳴嶼 行冥
あぁ…なんというみすぼらしい子供だ。可哀想に…
悲鳴嶼 行冥
悲鳴嶼 行冥
生まれてきたこと自体が可哀想だ
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(生まれてきたこと否定しちゃう??)
時透 無一郎
時透 無一郎
(なんだっけあの雲の形。なんて言うんだっけ…)
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(ダメだ。時透さんは絶対話聞いてない)
悲鳴嶼 行冥
悲鳴嶼 行冥
殺してやろう
煉獄 杏寿郎
煉獄 杏寿郎
うむ!
宇髄 天元
宇髄 天元
そうだな。派手にな
柱達が口々に喋る中、炭治郎は聞いてないかのように何かを探す



それはおそらく最愛の妹だろう
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
(禰󠄀豆子…禰󠄀豆子どこだ!禰󠄀豆子!!善逸、伊之助、村田さん!)
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
そんなことより冨岡と胡雪はどうするのかね
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
!?
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
拘束もしてない様に俺は頭痛がしてくるんだが
木の上に寝転び、下を指さしてネチっこく話す人物
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
胡蝶めの話によると、隊律違反は冨岡と胡雪も同じだろう
伊黒 小芭内
伊黒 小芭内
どう処分する。どう責任を取らせる。どんな目に合わせてやろうか
冨岡 義勇
冨岡 義勇
……
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(うぇぇ…めんどくさ…)
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
まぁいいじゃないですか。大人しくついて来てくれましたし。処罰は後で考えましょう
そこまでで言葉を切ったしのぶは、炭治郎に視線を移動させる
胡蝶 しのぶ
胡蝶 しのぶ
それよりも私は坊やの方から話を聞きたいですよ
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
(俺のせいで冨岡さんと胡雪さんまで…!!)
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
ッ……俺の妹は鬼になりました。だけど人を喰ったことはないんです
竈門 炭治郎
竈門 炭治郎
今までも、これからも。人を傷つけることは絶対にしません!
胡雪 (なまえ)
胡雪 あなた
(鬼特有の気配がしなかったのはそういうこと…)
炭治郎の言葉に内心納得し、あなたはまた炭治郎を見る



鬼を連れた隊士として柱を敵に回している



あなたは、一言も聞き漏らすまいと炭治郎の話に耳を傾けた











***











【大正コソコソ噂話】



裁判中、あなたちゃんは、しのぶさんと1番遠い冨岡さんの隣にいたそうですよ