無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,790
2021/06/05

第11話

11
あなた

ん?青宗…

イヌピー
馬鹿!お前どこ行ってたんだよ!!
あなた

えっと普通にぶらぶら

イヌピー
時間見ろよ!!
あなた

…わぉ1時

イヌピー
はぁはぁ…心配かけんな
あなた

…ごめん

イヌピー
…別に…家まで送る
あなた

ねえ青宗…ごめん

あなた

青宗は私の事心配して言ってくれてるのに怒ったりして

イヌピー
…俺も悪い
あなた

じゃあおあいこさん?

イヌピー
いや…6割はあなたが悪い気がする
あなた

えっ?そこはそうだな(イケボ)でしょ

イヌピー
早く帰るぞ
あなた

えっ?ちょっと!!

5年前______________________________
イヌピー視点
ココ
なぁイヌピー海下公園行かね?
イヌピー
えぇ
ココ
そこで河童が出たって1学年上の奴が言ってた
イヌピー
河童って川にいるんじゃないの?
ココ
わかんねぇ
イヌピー
まぁいいよ行こ
ココ
おう
ココ
ん?あれ人?
イヌピー
ホントだ
3年ぐらいのチビが柵の上に乗ってた
そしたらそいつは次の瞬間
バシャンッ
声を上げながら飛び込んだ
遠くから見てただけだけど
そいつが飛び込んで行った姿は綺麗だった
あのアレだアレこの前赤音が本で読んでた
人魚姫!
飛び込んで行ったそいつは人魚みたいだった
俺は気づいたら体が動いてた
バシャンッ
そいつを助けなきゃって本能で思った
周りを見渡すとそいつは水の上に浮かんでボーットしてた
俺が声をかけたらビクッて驚いてた
こいつは猫を助けたくて飛び込んだらしい
その後そいつは溺れた猫について話し始めた
その時の顔は一生忘れない…忘れられないくらい
哀しそうで何もなかった
でも優しいやつってのはわかった
そいつはあなたって言うらしい
あなたは俺の2つ下
あなたは笑顔で俺のことを「青宗お兄ちゃん」
って呼んだ
なんか恥ずかしかった
その後あなたは俺が照れてるなんてからかってきた
照れてねえし
______________________________