無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

422
2021/09/05

第31話

# 30 .










.
上鳴電気
おっ、爆豪とあなた来たぞ〜!
あなた

ごめん、ちょっと遅れちゃった…!

芦戸三奈
座れ座れ〜!ビール頼んであるからっ





大きな広間に入ると私達二人以外は既に集まっていた










丁度出久の隣が空いていたのでそこに座る




あなた

出久、久しぶりだね

緑谷出久
ッうん!あなたちゃんは元気…?
あなた

そりゃあもう〜!





そう言って右手で軽く拳を作る










それを見て出久は笑みを零す



緑谷出久
それは良かったw
耳郎響香
にしても、まさかそこが続くとはね〜
麗日お茶子
えぇ、うちはいけると思っとったよ?
上鳴電気
まぁ爆豪に難ありだからな!ww
爆豪勝己
んだとテメェ… ( ニコリ
上鳴電気
怖すぎ!!ww





出久と話している間に話題はどうやら私と勝己のことになっていたらしい









ビールを二口飲み干してからゆっくりと口を開く




あなた

勝己が待ってろよって言うもんだから、ね?

芦戸三奈
きゃーー!何それ!?
爆豪勝己
うっせぇな!…一番になるまで待ってろっつっただけだわクソが!
瀬呂範太
此奴顔はいいからな





何も変わってないんだな、ほんと









ホッとして飲むスピードはどんどん早くなる




爆豪勝己
……てめ、もう止めとけ
あなた

んッ……らすと、二杯

切島鋭児郎
それラストじゃねーだろww
緑谷出久
あなたちゃん…もうお茶にしよう…?





駄目だ、頭がフワフワしてよく聞こえない











そして私は深い眠りに落ちた





┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈




緑谷出久
寝ちゃっ……た?
麗日お茶子
ぽいね〜…可愛いなぁあなたは
緑谷出久
あなたちゃんてお酒弱いんだ…w
爆豪勝己
数杯で酔う癖に飲みたがるからな





僕の小さな独り言を拾ったのは、あなたちゃんの彼氏










卒業と共に吹っ切れた想いだとしても、羨ましく思ってしまう自分がいる




緑谷出久
( はぁ……やめよう )





お開きの時間となり、バラバラと帰り始める中、僕はかっちゃんに話しかけた




緑谷出久
け、結婚…おめでとう、かっちゃん
爆豪勝己
あ"?……あんがとよ





背中におぶるあなたちゃんを見て目を細めるかっちゃん









僕はこれから、新しい恋を始める為に









緑谷出久
お幸せにね、あなたちゃん








一人、彼女の背中に呟いた





next.