無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

525
2021/08/23

第24話

# 23 .










side : 夢咲




連れて行かれたのは見慣れた部屋で




あなた

どしたの〜






爆豪は自分のベッドに腰を掛けて隣を軽く叩いた









座れってこと、だよね




爆豪勝己
……おめェさ、俺の、
爆豪勝己
彼女だよな、
あなた

え……うん、そうだよ、?






爆豪は何時にもなく弱々しい声で呟いた









よく見るとその肩は少し震えていた




爆豪勝己
……他の男と喋んな
あなた

えーっと、

爆豪勝己
俺だけ、俺だけ見てりゃいーだろ、
あなた

うん、爆豪だけ見てるよ…?






そう言っても納得しない爆豪に私はどうすればいいか困ってしまった









なんて言葉をかけてあげるのが正解なんだろう









爆豪勝己
……わりぃ、忘れろ
あなた

………ッ、

爆豪勝己
…もう寝るわ、戻ってろ





なんでだろう、何もしてあげられない癖に










" 今話さなきゃ " そう強く感じてる




あなた

爆豪、

爆豪勝己
……
あなた

……勝己!!

あなた

私、どんな勝己でも好きだよ…だから、言い淀んでること、全部、話して…






そう言って初めて、爆豪と目が合う









不安に揺れて今にも崩れそうな




爆豪勝己
俺、だせーな
あなた

…うん、だっさい






ここで変に慰めたって爆豪は喜ばない




あなた

そーいうとこ含めて、好きになったんだよ






爆豪の顔は見えない










































でも、彼の体温と鼓動だけ、私に直に伝わった





next.