無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

ろくらぶ
西畑side


「「あっ!!!!!」」




流星とかはっすんとかと話してると、

昨日あった丈くんの妹さんがおった!!






妹さん「こんにちは!西畑くんと、高橋くん」


西畑「え、なんで名前知っとるん?」


「あー、お兄ちゃんがね、よく話してくれるから」


「あ、あと、流星くんと道枝くんと長尾くんと大橋くん!」



丈くんの妹さんは、みんな知ってた!!

すご



流星「丈くん!丈くんの妹さん名前なんですかー?」


藤原「あなたやで!あ、隣の子は、ことちゃん、正門」



長尾「正門!?!?」


やっぱり。



「ことか、大きくなったね〜、わかんなかったわ」



心都「大吾だー、お久ぶりですっ」


長尾「....益々わかんない!!」


高橋「おなじく!」


大橋「おなじくぅ!!!」


道枝「え、つまり、あなたちゃんってこが丈くんの妹さんで、ことちゃんが正門くんの妹さんってことですか?」



あなた「うん!そーゆーことでーす」



あなた「あ、うちら親友だから」


心都「それは要らない情報だとおもう」


あなた「あ、はい。」


あなた「とりあえず楽屋はいってください」


末澤「お前の楽屋ちゃうけどなw」


「あ、末澤くん」


高橋「なんでいるんすか、」


末澤「あなたたちが会いたいって〜(ドヤ顔)」


みんな「...」


末澤「おいっ!!嘘やないからな!?」


あなた「はーい、お土産持ってきたんで食べてくださーい(無視)」


末澤「あーあーあーあー(邪魔する)」


みんな「小学生かw」


末澤あなた「はい、黙ります」


みんな「www」






















どうやら、あなたちゃんは末澤くんに会いたかったみたい。




あ、ことは、正門の親友なんで俺。


もちろん知ってます


お年玉あげてるよ


あと、ご飯一緒に行くし。


最近は、会ってなかったし、髪の毛結んでないから分からんかったわ






















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

き ょ - ま
き ょ - ま
気まぐれな奇跡に酔って。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る