無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

よんらぶ
「いただきまーす」


藤原「あ、今日のやつ上手くできた✨」



「おいしい😋」



藤原「明日も、学校でしょ?」



「うん、あ!」



藤原「んんー?」



「ことがね、セイヤくんに、会いたいって」


藤原「セイヤ?いいよ、明日?」


「明日いいの!?」


藤原「もちろん!」


「やったー、じゃ放課後いくね!」


「ごちそうさま!今日もおいしかったよ!」


藤原「ありがとう!明日もつくるね」


「ありがとう、ことと電話してくるね!」


藤原「うん」






















うん、お兄ちゃんのご飯はおいしい。



「もしもし〜ことー?」



心都「うん?」



「明日セイヤくん会いに行こ」


心都「え、まじ?」


「まじー、放課後ね、」



心都「やったー、じゃ、お兄にもいっとくね」



「んーじゃおやすみ」


































こともOKでたし、明日行こ



お風呂はいってー、はーみがいてー


寝よっ♪




















藤原「コンコン」



「はーい?」



藤原「入るよー」



藤原「もー寝る?」



「うん、眠いから寝よっかな」



藤原「じゃおやすみ、の、」



ちゅー



藤原「ありがとう」



「お兄ちゃん、一緒に寝よーよ」



藤原「えーでー、じゃ、俺の部屋きて」



「ありがとう、お兄ちゃんだいすきっ」


藤原「ん、ちょ抱きつかれてふらつく



「寝よ?」


藤原「うん」



「おやすみ」






お兄ちゃんね、いい匂いするの。

















でも。











藤原「(んぅ、バシッ)」



「痛いよ」



藤原「(んふふ)」











はい、寝相悪いんです、




痛い。










































































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

き ょ - ま
き ょ - ま
気まぐれな奇跡に酔って。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る