無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第8話

なならぶ
あなたちゃんside




みんな楽屋に集まって、お土産食べてます



大橋「んで、ことちゃんは、正門のこと好き?」


心都「好きじゃないです。」


正門「えっ、、」


西畑「正門残念」


「嘘です。こいつまじでお兄ちゃん大好きです。」


正門「あなた今度おこづかいあげるわ」


心都「あなたも、丈くんのことまじで大好きです、傍から見てカップルみたいですよ?」


大橋「えーそーなの?」


高橋「ほら、昨日の、やつ、、、」


藤原「うっさい、」


西畑「しすこ..末澤「やめとき大吾」はい。」


末澤「丈はまじであなたにしかデレデレしない。」


正門「同意見」


長尾「あなたちゃんとことちゃん!」


心都あなた「「はーい!」」


長尾「何歳ですか??」


心都あなた「「高2です!」」


道枝「え、同じやん」


心都「まじっすか、」


長尾「同い年だからタメでもいい??」


「もちろん!LINEこーかんしよ??」


長尾「うん!」


「できた!ありがとう!」


大橋「なんかことちゃんと正門似てないな」


道枝「確かに」


高橋「なんでしょうねぇ」


西畑「ことはなんかサバサバしてて、正門とは違う優しさがある」


こと「え、褒められた?」


「うん笑」


こと「ありがとう今度なんか買う」


正門「調子乗るな」


こと「お兄だってのってるやんけ」


正門「はいはい」


大西「正門くんってことちゃんに塩?」


末澤大橋「「確かに〜」」











うちら、変な兄妹たちですね。




ことも、ツンデレやし、正門くんもツンデレやし、大丈夫なのか、、笑


































































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

き ょ - ま
き ょ - ま
気まぐれな奇跡に酔って。
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る