無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

― 🐒 ―
プルルルルル📱
長谷川慎
はーい
浦川翔平
慎ぉ!助けて
長谷川慎
次は翔平さんですか笑
浦川翔平
なに、次はって
長谷川慎
あなたちゃんから翔平さんの容態がおかしいって電話きた
浦川翔平
え、慎に相談してたの
長谷川慎
はい
浦川翔平
やっぱ俺変だよなぁ
長谷川慎
そんなキスのことは意識せずに
普通にデート楽しんだらどうっすか?笑
浦川翔平
それが出来たら最初からしとるわ
長谷川慎
ですよね〜笑笑
長谷川慎
翔平さんって意外に恋愛のことになると不器用ですよね笑笑
浦川翔平
悪かったな
長谷川慎
ちょっと俺には恋愛のことは全然アドバイス出来ないんで恋愛に関しては、たっくんに聞いてください
浦川翔平
おう、そうするわ
浦川翔平
まぁ出てくれてありがとう
長谷川慎
はーい
・
・
・
プルルルルル📱
浦川翔平
…
浦川翔平
なんでこんな時に限って出ないんだよ!
プルルルルル📱
川村壱馬
もしも〜し
浦川翔平
壱馬さぁん!助けてください
川村壱馬
あー、なに。今日デートやっけ?
浦川翔平
そうです
川村壱馬
あれやろ、キスのこと考えすぎてる的な電話やろ?笑笑
浦川翔平
なんで分かるんですかぁ!?
川村壱馬
翔平のことは分かるわ笑笑
浦川翔平
凄いです。壱馬さん
川村壱馬
んー、まぁとりあえず
川村壱馬
デートの最後の別れ際でキスするのが1番ええと思うから
川村壱馬
ほんとにギリギリまでキスのこと忘れた方がええと思う。
浦川翔平
なるほど
川村壱馬
それだけしかアドバイス出来へんわ笑笑
浦川翔平
壱馬さん、ありがとうございました!
川村壱馬
あいよー。頑張れよ、翔平