無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

╴❤ ╴
そしてそして...
遂に待ちに待ったライブ当日
長濱〇〇
遂にこの日が……
西嵜麻未
あれ??顔のフェルト新作??
長濱〇〇
あっ、気づいた??
THROW YA FIST ver.
西嵜麻未
あいからわず手先器用やね
長濱〇〇
あざす。
西嵜麻未
ええなぁ。あなたが作ってくれたこの
藤原さんもいいけどもう1個欲しいなぁ
長濱〇〇
そーゆーと思って作っといたよ。
ほれ。君の大好きな藤原樹
西嵜麻未
うわっ、まじかよ。やば。まじ感謝
長濱〇〇
バクステ当ててやる...
西嵜麻未
まぁだ言ってるし
西嵜麻未
いいじゃん。席めっちゃいいんだし。
バクステ当たらなくても
私たちの席は花道が隣にあっての最前なのである(語彙力‪w)
長濱〇〇
まぁそうだけどさ!!
バクステ写真取れちゃうんだよ!?
西嵜麻未
はいはい。削り行きますかね
長濱〇〇
ですなですな!!